2003/08/31日 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 旗揚げ10周年記念大会 両国国技館 前回の近藤-菊田戦のスバラシサに味をしめマニアックな後楽園ホール大会は遠慮したものの私でもワカるほど豪華な今回はサスガにりょ〜太にお願いしトツゲキしますた。せっぱつまった新日本勢も出るし近藤-ジョシュバーネットなんていうのもあるし。というコトで初めて両国国技館へ。相撲の聖地であるこの会場は予想以上にデカく競技がみやすい。やはり専門に設計されていてイイ。そして今回も前から3列目という好条件なんで音が聞こえてキマす。1試合目は新日の隠しダマでアマレスチャンプの矢野(パーティー時の汚れ役で試合はいつも流されない)に体格で劣るパンクラス渋谷が一本決めるという十分な滑り出しもその後がウマくかみ合わず中休みで船木が「予測デキない、これもパンクラスです」に納得。マサに、予定調和ではないその時勝負なんだなあと思いマスた。前回の横浜がいいパターンだったのでしょう。まあライブでもあるけど格闘技はいいイベントにするコトを目標としてるのではなく選手一人一人は勝つコトを目標としてるワケですから。頼みの一人の菊田も圧倒的な強さを見せながら持ち前の悪いトコロ(1本決められない)部分が出て本人も納得してなかった。ただ圧勝でしたが(強)。これは前回同様、あっというマにメイン。空位だった無差別級王者の決定戦でその王者経験のある我らが近藤と新日本のジョシュバーネット。ただし後者はプロレスラーではなくUFCヘビー級の元王者。しかも負けて王者でなくなったのではなく、あのセームシュルト(パンクラス王者経験有)を圧倒してる猛者。最近そっちの方はホサレ気味やけどヒョードルとやってもおかしくないファイターです。近藤もミドル級なら間違いなく世界クラスやけどトップクラスのヘビー級(30kgとか違う)とは部が悪いと思いつつ 勝ったらエラいこっちゃ デス。さあ始まる。ヤヤ盛り上がりに欠けテル場内は興奮のルツボ。近藤の人気が神デス。やっぱ体格が違うよなあ。でも組み付いたら打撃で勝ってる。マウントとられても逃げる。タマに一発入れてる。こりゃスロースターターの彼ならUFC元王者のスタミナが切れた後半にチャンスありだぜと大興奮の場内で思ってたらスリーパーで終わった。ヨクがんばったと思う。株を上げた。パンクラスマニアでもあるジョシュは泣いてトロフィーを受け取った。 中西が一番喜ぶ姿は解せないが ※何もしていない 成瀬、矢野、飯塚、ライガー、エンセン(唯一他の試合も通路で観戦)、棚橋(何でやねん)らの新日スタッフの中ジョシュが頼ってたセコンドは高坂(TK)のみという状態の新日キングオブパンクラシストの誕生でした。新日所属でいいからVTに専念してくらさい。相手がいないコトが懸念されるがとりあえずパンクラスヘビー級の王者高橋が挑戦表明しててホッ。また見にイキます。
うなだれ気味でA城君とメシ食ってマニアのみの打ち上げを終えたりょ〜太と合流し都内一周して私の休日は終わりマスた。 スゴい人だった
2003/08/30土 白井ベースREC at 絶叫オフィス 真っ赤なボルボ(ワゴン 総革張)に乗ってさっそうと現れた10年前の戦友。久々にレスポールベース(ギブソン)を見たゼ。彼自身、演奏自体のブランクが長いらしいし、ギターや歌の用意も遅れほぼDrオケしけ聞いてない状態かつ正確なMIDIにあわせるのも初めてだろうコトから 正直不安ではあった ただし安定したコシのあるアノ音を聞いてほぼイケるコトを確信。さっそくオケとあわせてみる。速い曲にツイてイケない以外はホボ正確にピッキングする姿は初期シャウターズのリズムをササえたのソノモノだった。違いは黄色い声がないコトだけだ。今まで絶叫オフィスRECしてキタ全てのミュージシャンよりもサクサクと進み3曲を仕上げ次回の曲の打ち合わせマデしてさっそうと妻と子供が待つ豪邸まで帰っていった。
にしても「あの娘は見かけよりも怖い人」とか こんなフレーズ弾いてたんだなあ ※当時と不変らしい イカに私がベースを聴いてなかったがワカる瞬間(笑)。そして本日の直線的な曲を軽いジャブとし以後続々とあの頃の名曲をカタチにする日々にしたいと思っとりマス。 久々の勇姿
2003/08/29金 1時間に1回2本連続で吸うのと30分に1回吸うのと はどっちが体に悪いのデスか?ココんトコたばこの本数が激増かつ毎晩焼酎飲んでマス。あえて遅くなったトキは晩飯ヌイたりとかしてせっかくなんでストイックな日々を演出。おかげで 痩せマスた ※ただし週末は暴食暴飲気味 上京した5年前と同じぐらいデス。でも腹は出てマス。ん!?というコトは 背が縮んだのかなあ どうでもエエわ、早く終わらへんかな、今の現場。今日で最後という話もチラっとあった8月ラストデー。あと1ヶ月ていうか18日
2003/08/28木 おっさん3人と飲み Nリーダーが客先にイッたスキに抜け出しいってきマスた。未だ引き上げXデーが不透明な私デスがそのキーメンであるコトは間違いない人ら。普段の地下の雰囲気では言えないコトを連射しようと思ってたらそのスキもなく 全員Nリーダー批判 ※感情論じゃなく たかだか1週間足らずなんで面食らったっす。私のオモイは間違いじゃないと実感するとトモにPJ自体の危機も認識。今まで自分のコトしか考えてなかったていうか 俺ココまで良くやったヨ 精神的に楽になった反面Aリーダーが予測したNリーダーとの激突デーにドキドキです。まあ 極力巻き込まないでくらさい 延々3時間上記のネタで今日は楽しかったがもうこういう飲みはいいや。今日は仕事のイッカンとしてタイムカードにツケときます。
2003/08/27水 「27歳ぐらいかと思ってマスた」新人君

もはや唯一気の許せる存在の新人君をさそって昼メシにイキますた。グチは最小限にトドメ仕事以外のロック話とかでココロの洗浄を。なんせ

戦場(地下室)では、んな話デキない

んで。そう彼にだけリアルロッカーであるコトを明かしてマス。まるでミッシェルガンエレファントのメンバーのような風貌でこの業界に似つかわしくないが、ライブハウスの話や人生経歴をいろいろ聞かされココロが洗われマス。そして私の年齢に対し嬉しいサバ読み。上機嫌なナカカケがえのない昼休みが終わりエンドレスなミュータント(地底人)に戻ってクのデスた。あと20日

追 巨漢のZさんのイスが異音とトモに湾曲したトキ地下室に初めて平和で明るい空気が流れマスた。
2003/08/26火 やっぱ9月一杯(涙 早々にNリーダーにヤニ場偶然遭遇-仕事以外質問作戦でもって恐る恐るタズねるとあっさり9月一杯は不変と言われ愕然としながら夜おっさん連中に私が作った基本設計書について様々問いただされ逃げ出したいデス。ただリーダー格のおっさんAは帰路にて 「Nさんのヤリ方はどうかと思う」 とツブやき私の考えは間違ってなかったとトモに彼からB・Cは1ヶ月間のプチ派遣というのを知らされ身の毛がよだつ思いデス。 何やねんこの現場 ※少人数精鋭制 とにかくやっとマトモな話がデキるAさんらとあと21日がんばって抜け出したい。

追 京都の実家で19年可愛がられたクロちゃんが逝きました。動物が苦手な私にとって唯一ココロを許せる存在でした。合掌。
安らかに
2003/08/25月 途中引き上げ!? 朝出勤したら金曜面接のおっさん2人もイテ先発のおっさんAが仕切ってて彼をリーダーとしたチーム内チームの様相を呈してタ。Aはよくしゃべるのだが日課の出勤→PCオン→即ヤニ場退避の間に複数日本語に似た言葉を浴びせてキテそ大半を理解しない中でも 引継ぎ という言葉だけは見逃さなかった。直後KKさんから携帯にTEL。ビル外に脱出し声のデカさをナチュラルにして聞くと「代替人員が見つかったから9月末を待たずに終わるかもしれない」という天の声。とりあえず田町昼飯を約束し席に戻り詳細設計書はなく9月以降のRECの詳細スケジュールをシュミレート。 ※めちゃ色々デキる
NリーダーはいないモノノY_PMは「今週中に終わる?」ナンテ婉曲的な決定事項の裏付けを念のタメ「全部は終わりマセン」とサバは読まず12時をムカえた。KKさんも全貌は把握しておらずおっさんBCが使えそうなら引き上げでは?と共通の結論に。確かにお盆後に2日で消えた兵隊もイタからそれもシカタないのか。そしてイツものよーに他の話題に移りT兄さん帰国ネタやしばらく休むと言ってるのに 次の現場の話 ナドの方が冷や汗デス。まあ次は楽な現場を探すと約束してクレたのにはココロ揺らいだが(笑)。1時に戻るとNリーダーも出社しててドキドキしながら呼び出されるのを待つも 全くカンケーないコトでモメて雰囲気悪化 ったくテメーはガキか。早くこんなヤツとオサラバしたいと思いつつ必殺のヤニ場偶然遭遇-仕事以外質問作戦を決行しようともくろむも多忙な彼と空間を共有するコトがデキず夜のリミットをムカえビルを後にした。とにかく渋谷-田町の回数券の残がビミョーなのでなおさら明白にしたいス。まあそのうちワカるコト。
とりあえずTOPページのカウントダウンは22としておこう。 追 Nとは違いおっさんAは一つ質問するだけで30分とか説明してクレる。早期に彼がイタら居心地も違ったかもしれない。
2003/08/24日 夏も終わろうとしてルんですかね 今年はホント暑くなかった。吉祥寺のユニクロも秋モノ中心やし。まあ電車の乗る前後しか外にいなくて、そもそも ほぼ地下室の生活 なんでワカらないが。原付やチャリンコで動いてる時はモロ季節の影響を受けてた。G社時代、徹夜して昼頃原チャリで帰宅する時にパンクして2kmぐらいオシてスタンド目指したトキは夏を感じたが。まあそのオカゲで早くも旬をムカえたサンマ塩焼きを、酒のほそ道で会得した正しい食い方(ワタが一番ウマくそれをプライマリーとする)を実践しようとしたら 半生だった ※作ってる人の顔が見えるトコロで食うべし あまり安い居酒屋は好ましくナイと見た夏の終わり。
2003/08/23土 フォルダごと戻ってキタ! 違う復元ツールでやってみたらNTFSでもそのママ復元デキたぜ!やっぱ検索もれしてたのもアリ大感激。で、「いらない物はすてよう」ネンテ再生すると 周期的にノイズの嵐 環境の所為だと決め付けサウンドカードの差す場所とかいろいろ変えたけどダメで試しにギターのチャンネルをミュートしてみたら ノイズ消える こりゃファイルによっては半分壊れてると見た。まあギターなんてイツでも録り直せるしと次は「ミラクル・ボスのテーマ」は 起動すらしない まあこんな感じで100%の信頼はおけないけど前よりは全然マシな状況なんでこれでヨシとしてドンドンやってイコうと思う。でも、ホント勉強になったヨ
 
旧アスロン君
新アスロン君
CPU ATHLON 1.4GHz ATHLON XP2800+
メモリ 768M 1024M
IDE1-P HDD(80GB) HDD(120GB)
IDE1-S HDD(120GB) HDD(120GB)
IDE2-P DVD-RAM CD-R
IDE2-S HDD(160GB)  
両雄並び立つ
2003/08/22金 続々とおっさん来る 二日前から私の担当箇所要員として一人ベテラン(人生でも)がキテまして一応 俺様が仕込んだ基本設計のモト 下流工程である詳細以降をヤルワケだがCOBOLはおろかJAVAもCOLDFUSION(今の現場には関係ナシ)まで網羅する所謂シニアPGでその順応性には目を見張るモノがあり混沌とした雰囲気の地下室でどんどんインフラをマスターしてくサマは 最初からアナタが来ればベターだった と思いやす。今時のコボラー親父は職がない(高給やし)というのもあってギラついててコワい。モトモトNリーダーと2年生のZさん2人でやろうとしてたPJ ※○EC社は少人精鋭制をウタッテル←都合良スギないか?
だがまわらなくなり私なんぞ雇いイレあろうコトか4等分した内の2を私にふろうとしてKKさんに泣きつき、結果的におそらく爆高のウン十年選手の定年前後を雇いイレても間に合わずお盆前に紹介すらウケなかった兵隊が一人入ってキタけど 未だにお盆休み ※ビークかどーかZさんすら知らない 誰も名前すら知らずジ・エンド の中、上記の2人目のおっさんがキタことに加え 今日面接でおっさん2人追加 ※チラっと見たがギラつきから目がイッてる ていうか地下室の机も椅子も空間もナイんやけど。これで私のCOBOLチームは月曜日から7人となりマス。今のPJ全体で12人。 冗談を言えるのは1年生の人ヒトリだけ ※唯一友達になれそうだ デス。彼もあまりの雰囲気に半泣きでグチってマスatタバコ待避所。やっぱ拷問だ、ひょっとしたら今日の2人のおっさんが実は来月以降の私の替わりという事態を望んでみよう。でもやっぱんな状況を作り出すNさんはリーダーとして失格と思う。イイもんナンテできないよ。 追 今日の設計書レビューではデータベースから複数件数取得してどうのこうのというトコでCOBOLでは一度に1件しかトレないコトを指摘され延々説教。知らねーよ、んなコト。解決策として事前にSQL*PLUSで取得してオキそのデータに対し処理をしマス。COBOLってデキるコトが少ないのでこういう工夫が必要なんダネ。ファイルメーカーとある意味似てるな。
2003/08/21木 復元ファイルが無限... 最終手段として消失ファイル復元ツールに頼ってミル。120GBともなるとサスガに時間がカカるみたく朝シカケたのが帰宅してもマダ検索をやってる。 ご苦労なこった 検索が終わって晴れて復元なワケ。HDってクラスタと呼ばれる単位でワカれてるみたいでそれ指定もデキるみたいやがメンドくさいんで一括にやりたい。
で「明日の朝に終わるのかあ」というコトでほっといて、 デュアル環境なのをいいコトにもう一つも新アスロン君で他の作業をする。そう、切替器を駆使してネ。で(ナンカ文字でも変換したのかな)スペースキーを押すと 復元ツール検索終了 どうやら旧アスロン君のキーボードのモードだった。アキラメそこまでの復旧でもしようと思う。したらフォーマット済は消去ファイルとして扱われるんだと。で、NTFSフオーマットの場合はフォルダ情報は復旧不可。というコトは HDに入ってたファイルが延々と並ぶ ※てか今時FATナンテなしやろ んだな。途中(半分程度)とはいえ非現実的な数。残ってたファイル(REC)だけ欲しいのにゴミ箱入れて消したヤツまで並びまくリン。デフラグしたであろう時代のは拡張子ゴトにキレイに並び懐かしくて思わず復旧し時間を食う。だって I藤さん胸もみまくり.jpg とか見ると確認するやろ。 ※Fさんの赤ん坊を抱いてるダケ
でも仕事のCOBOLとかJAVAのファイルも激出現しブルー。んな感じで.wav中心にイクけどキリがない。録音する度CUBASEが作るワケだがDr_01.wavとか抽象的すぎ、おそらく曲が変わってもファイル名が同じタメ 上書きを確認されビビる だんだんテキトーになってイキこりゃあかんと思って作戦変更。拡張子と日付で勝負をカケる。したら4/29に大士のドラムがたくさん出てキタ。感動しながら復元。そうだ、製作記録を見ながら生録した日付をチェックして次々復旧。まさかこんなカタチで役に立つとは。とりあえず走馬灯だ。んな感じで材料は戻せたが作業状態に戻すのは至難の業。全部WAVを聞いて配置せなあかん。。でもとりあえずココまでやった自分を誉めたい。ちょっとした油断(コピー時間をケチるタメRECだけ残しておいたHDが昇天)、マサに身から出たサビだったけど日々容量の増えるHDに頼るコトなくホントに大事なモンは大事にすると誓いマス。ナンカよくワカらんけど続きの検索作業に入り寝ます。 ホントに大事な圧縮モノはほぼ復旧
2003/08/20水 切替器の不具合クレームの返答 前略、◆たんこ◆ 様 FAXにてご質問いただいた内容について以下に回答申し上げます。 お伺いした内容から判断いたしますとお買いあげいただいた
製品セットの不具合になります。
誠に申し訳有りませんが、ご購入いただいた販売店様のほうで
欠品の無い状態でご返品/交換をしていただいてください。
以上、宜しくお願い申し上げます。 -------------------------------------------------------------
  ラトックシステム サポートセンター
  〒556 大阪府大阪市●●●●●●●●●●●●●●

  http://www.ratocsystems.com/
-------------------------------------------------------------
が上記のようにメールでキテた。昨夜めっちゃ時間カケて指定爆数項目を埋めたFAXした苦労に対しこの程度かよ!まあとにかく交換してもらいに新宿へ車を飛ばす。15分とかでツイたぜ、ワッハッハー。で難なく交換してもらい帰宅して箱を開けてみると モニタとその切替器にさすコネクタを逆にしてた 驚愕の事実発覚。壊れてなかったノネ。ていうか逆にしてもモニタはつくのかYO!まあどうでもイイけどキーボードも共有デキるようになった。ただしマウスは認識するも独自ボタンは使えないみたいなのでやっぱ2つ差すコトにしよう。にしてもPCネタがこんな毎日続くとは思わなんだ。複雑な心境デス。まあ一つ一つ片付けてイカないとネ。
2003/08/19火 PC生活の悪夢来ル 逃げるように帰宅しいろいろ準備しようとする。「元カレ」のビデオを見たい気持ちをコラえてだ。CUBASEのインスト(Cドライブ)も終わり白井に渡すMIDIでも開くかとEドライブを開こうとしたら フォーマットを促すWIN2000 アレレー。そういや新アスロン君ではマダEは開いてなかったがそん中にはRECファイルばっかダヨン。これはきっと相性問題(何やねんソレ)だと決め付け旧アスロンにつなぎ直し(Fになる)満を持してクリクしたら 同じデス OSインストのトキ間違ってフォーマットしたのかな?それなら促さないだろうしなあ。とりあえずそん中に入ってたのは ◆ミラクル・ボスのREC(未発表曲含-Drのみ-)
◆たんこ◆と∋米蔵∈のライブ盤のオリジナルファイル
◆ミラクル・ボスの過去の練習全てをMP3化したもの
◆白井との曲のDrデータ「たまにはいいでしょ」「あの娘は見かけよりも怖い人」
◆ビバ・シェリーその他のライブ盤のMP3
○数少ない新曲で製作中の「ジャンクなライフ」のREC・・容易に復旧デキる程度の進捗
◎製作途中で断念中の「渋谷に埋もれる最強戦士」のREC・・オリジナルがMACに有
◎ママセッドのREC・・CDにBK済
マジメに働かないバチが当たったのか。とにかく大士スマン(このままだと日の目を見ない)。お金でカエられない、マサにプライスレスなファイル喪失。ショックで立ち直れないけど、とりあえず復旧にチャレンジしてダメだったら生まれ変わってがんばりマス

ビビったマジで
2003/08/18月 せっかく白井がヤル気出してるのに (おそらく)10年ぶりとかに弦買って準備と気合を整えつつある彼に対して私はモニタ切替問題が未解決で先に進まない。2つの結合ケーブルをいろいろ組み合わせても同じケーブルがダメなんでPC(のどれかのパーツ)の所為じゃなさそうだというコトは 不良品では 俺時間ナイんデスけど。これってFAXせなあかんの!?今時メールもないんかえ。 字書くのイヤなんやけど あっとEXCELで作りゃエエのか、ワッハハー!でもこの不具合で思ったコトがあって、マウスは2つ(PCの数)あった方がエエというコト。新アスロン君が■■のデュアルな時と旧アスロン君とで■□なトキを切り替えるワケだが後者の場合デュアルで同時に操作デキるぜ。まあキーボードが2つおければベストなんだろうけど住宅事情的に難アリンコ。とまあこんな感じで新の方はいつのまにか組み立てて真っ黒デス。そう、並べると旧に比べて 無音 デス。落ち着いたら旧アスロン君の静音化を企てよっと。んなコトより未だCUBASE自体インストできてません。ていうか白井への返信メールもウテてないし。ナントカ明日2〜3曲コードツケて必ず送るから。とか言いながらNorton Internet Securityはインストして着々とデュアルネットサフィン環境が揃いツツある(続
ナントカおさまったか
2003/08/17日 ていうかコレモニタ端子じゃナイ! デュアルモニタかと思ってたらCOM1,COM2とか書いてありこれってシリアル端子!?まあヨクわからないがササらないコトは確かっぽいので また秋葉にイキます 私の夏休みななんなんだろう。おかげでG1 CLIMAXの前半見逃したぜ。落ち着いたら2台のアスロンを完全デュアル体制でモニタ・キーボード・マウスと使いまわす感じにしたくかつモノタ自体デュアルなんで切替器2つでエレガントなPCライフを目指すタメ切替がないDVIは避けアナログ2発のビデオカードを探すが ない 世の流れが単発とデュアルの割合が五分になってるものの90%片方がDVIだ。前回はそれがなくて苦労したのに。。残り9%がDVI2つ。アナログ2つは1種類ぐらいしかなく得体の知れない感じんだ。こうなれば前述のCUBEがアナログ2発もとからツイてたのを考えると高くなかったなあ。かつそれはGeForce4相当なんでそれ以下は悔しくて考えられない。でもGeForce2MXなんてほとんど売ってないけど(笑)。というコトで GeForceFX5200(128MB)にしやした 4より上でしょ!?もしそうだとするとREC用としたら全くいらない高機能だ。でも玄人志向(安物専用)の激安な8500ペソでFANレス(大丈夫なのか)に決定し当初の確実性はドコいったという感じ。ツクモの店員にデュアルはイケる?と聞くと「多分」ナンテしばらしい回答を得てドキドキしながら帰宅。さあやっとOS(確実な2000)入れられる。Cドラ120GB(んなにいらないだろ)のフォーマットに手惑いながらもナントカ起動した。HarleyにもらったFAN速度コントローラーが光ってかっちょええ。OSとかIEのアップデートに2時間ぐらいカカりつつも肝心のサウンドカードのインストはサクっといって拍子抜け。ただしこればっかりは使うようになってからでないとワカらん。落ち着いたトコロで激安で購入済みのPC切替器を2つのアスロンに仕込むも モニタしか切り替わらん いろいろ難しいみたいだ。USB→シリアル変換のマウスはダメとか。シカタないんでこれまたHarleyからかなり昔にもらったキーボードをひっぱりだしノートPCのマウスをはぎとって装着し 結局モニタ2台マウス2つキボード2つ という単純に×2の構成で同時に起動してマス。切替器で新アスロンのみデュアルモニタだが。アプリの整備とかナンダカンダ今週一杯カカるね。楽しいケド。
新たな世界へ
2003/08/16土 組み立て難航中 昨夜4時過ぎまでカカって旧アスロン君のファイルとか退避させたりHDの組み合わせいろいろ考えたり新の方を組み立てたり。相変わらずCPUのFAN付は壊れそうなぐらいの力で数時間カカりマスた。SCCESSのおばちゃん(店員)が「私も使ってマスけど入りにくいんデスよね」と言ってたが PC自作しとんのかい、おばはん! ※しかもAthlon そして今回のマザボにはIDEケーブルが1個しかついてな(だから安い?)く、ケースのFANも一つ足りないコトが発覚し大雨の中、秋葉マデ買いにいったよ、また。HDも、使おうと思ってた旧のヤツは残して新たに買うワケだがMAXTORの適度な容量のがなくSCCESSで途方にクレてたらSeagateのをススメられたんでそれにした。後者の方が静音なのに安いんだぜ。まあHDなんていつも4つぐらいのメーカーがしのぎをケズッテるんでそん時の旬なのを買えというコトなのかな。
で、帰宅後またいろいろと組み立てていよいよモニタとかつないでインストしようと思ったら ササりません モニタのケーブルってオスメス2種類あるんやね(涙)。明日もイクか、ただし新宿でいいな。
早く完成させたい
2003/08/15金 2代目アスロン君登場 今日は職場のビルの休館日でちょっとしたお盆休みになりマスた。でもこの数日間出て当たり前みたいな空気が漂い怖かったケド昨夜11時半マデがんばってとはいえ何も解決せずナントカ3連休を勝ち取ったワケ。しかしNリーダーは「昼過ぎから出てるから家でやってメールで設計書送ってYO」とヌカすので昨夜のママ何も変更してないのを上書き保存してタイムスタンプのみ更新して送ってやった、ザマーミロワハハ。ていうか世のリーマンは夏休みなんだね。かつ有給で、一般的に有給と呼ばれる年10日とかとは別口ナンダネ。くそっ、白井とか1週間も休みやがる。いいなあ。
そして私のカケがえのない夏休みは前々から計画してた新PC製作なんデス。 別に今のアスロン君に特に不満もないのだがREC用としては度重なる不安定さから春先より情報収集をし超絶安定な組み合わせを勉強し底値となる5月ぐらいに決行しようとするも 勇気がデズ 日々サンプラー的楽器(負荷高)が増える中、9月一杯田町でがんばるコトを前提としたご褒美として昼の2時に出発しマスた。アスロンのnFORCE2というヤツ(チップセット)がCUBASEに最適らしくマシンパワー以上のパフォで激安。マザーボードも現アスロン君と同じEPOXのがコストパフォ激烈。ただしnFORCE2の欠点としてメモリを選ぶらしく高いのにせなあかん。ケースも前回の安物で懲りたので名機と言われるヤツを。でもCD-Rドライブも余ってるしんな高くないと思って思わずCPUを1ランク上のにしてしまう、
とココまでをシュミレートし銀行で30万ぐらいおろして秋葉原に到着。いちおう平日やし雨も降ってるのでそんな混んでナイ。価格.COMAKIBA PC Hotline!でいつも上位に来てるPC-SuccessDOS/Vパラダイス秋葉原本店をメインターゲットとして潜入する。マズSuccessから。以前のごったがえすセマさはない新店舗で普通の店になってた。値段をチェックしてDOSパラへ。まずケースを見るがターゲットのHarleyがいた会社のJusty CI5919がない。 やっぱ倒産したしかなあ ※Harleyのセイではない それ以外眼中になかったし他(OWLTECHとか)は高いし無名メーカーで安いのは絶対ボロいんでヤバめだがとりあえず他の店も見る。するとマザーボードまでない。もう、一世代前のヤツやしなあ。価格チェックのタメに入ったツクモにすらない。いや、最上階の中古売り場で修理上がり品が6,000ペソで山積みも 誰がンナもん買うか RECにはレガシーな枯れた確実な方がイイのだ数千円でリスクはオエない。ていうか、こりゃ買いに来る時期を間違えたと思いつつ時間もどんどん過ぎてイキ、マザーとケースがないなら評判のCUBEベアボーンでもと思いメモってたヤツを探すも ない どうやら5月ぐらいで私のトレンドは止まってたみたいだ。明日かもしくは無期限延期かと思いながら歩きまくり日も暮れた頃DOSパラの支店でケース発見!しかし展示品のみでかつ割引ナシ。不良の場合は現金返しというのが切ない(倒産)。でもマザボがなけりゃ意味ないしと思いながら歩く。おっと他の店でもケース発見。でもよく見ると CI6919と書かれてる。新製品か!?んなワケないし(倒産)数字が1違っても以上とは限らん。決め手に欠きながらも別の店でCUBEベアボーン発見。残り2とかで全然安くなってない。やはりこちらも名機だったのだ。かつケースとマザボだけなのに45,000ペソ及びメモリ2枚しかサセない仕様でやっぱ見送る。多分明日来たらないだろーし運命的な別れだった、さらばPOLO A2、と思いながらナントナク最初のSUCCESSに再度入店し 山積みのマザボ発見 英語マニュアルがイヤだったが即買してネイキッドに飛び乗りDOSパラの支店へ。メンバーズカードを出したら「ここはDOS/V Faithデスよ!」と言われ恥じを欠きつつも(ロゴ似スギ)HDとケースを購入し梱包で予想外の時間を食いこれまた予想外の重さ(アルミちゃうんか!)で搬入し、ソコでCPUが売り切れてたので急いでSccessに戻り(本日3度目)5分でCPUとメモリ(高いけど大丈夫なの?)とFDドライブ買って終了。祝いに近くの肉のハナマサでカルビ肉とか買って帰りマスた。さあこれから組み立てマス。
部品 商品名 値段
CPU Athlon XP 2800+ リテール(FAN付)  21,470ペソ PC-Success
M/B EPOX EP-8RDA+ 8,880ペソ PC-Success
HD DiamondMax 16 4R160L0 (160GB) 14,470ペソ DOS/VFaith
ケース Justy CI5919BK・・6の廉価版(涙) 12,470ペソ DOS/VFaith
FD SAMSUNGのヤツ 1,680ペソ PC-Success
メモリ サムスンチップMADE IN USA(512M×2枚) 21,960ペソ PC-Success
新アスロン君 合計 80,930ペソ

初代スペック

2003
8/14木
BSヤングバトル (1995年夏)

ケンちゃん失踪後に快人が復帰して改めて4人編成で活動し始めたシャウターズ。そして私は夏休みというコトで3泊4日程度の帰省をしていたらオ母ンが

「◆たんこ◆、NHKから電話やで!」

と言ってクル。受信料は納めてないケドこれは応募してたNHK-BSヤングバトルの1次審査突破の報告では!?と瞬時に判断し電話を奪って絶叫したのだった。予定を切り上げ即効京都に戻りメンバーと京都ミューズに報告しテンションを上げてイク。ちなみに応募曲は

GかっちゃりBたま吉Dr本田でRECった「のんびり屋のケン太くん」  ※当時の面子はG快人BむらDrえ〜ちゃんと全員違う

だったコトは未だにNHKに内緒である。 ※当日演奏する人間の音源でなければダメ


BSヤングバトルと言えばイカ天亡き後国内最大のコンテストで全国優勝はおろか目立てばメジャーデビュー確実なRockの登竜門。1次を通るだけでも至難のワザなのが

自慢デス ※約400組から14組に残った

説明会があるので大阪NHKまで赴いた。イカにもロッカーな連中の前で完全にノマれてるNHKの職員が細かい説明をする。場所は万博記念ホールだとか持ち時間とかオープニングやエンディングとか必要最小限で的確だった。京都に帰り日々ヤングバトル用の「ケン太くん」(エンディング長めのゴージャスなVer。制限時間3分なのだがケン太くんは2分半のタメ)を練習する。そして本番前日のリハ日。そう、1曲のタメに大々的なリハがある

TVってこんなんやなあ

と思った。他にも謎のダンサーを交えてのオープニングやエンディングのリハを渋谷公会堂(いったコトないけど)並のデカさで初体験する。ホールリバーブがスゴいよ。細かい演奏チェックをし(おそらく照明の人らとか曲の構成オボエテる)紹介用のビデオ(ライスシャワーのレースをバックにえ〜ちゃんが詩の朗読)を撮ったりもして終了。翌日を待つ。いよいよ運命の日

アンダーグランドも今日で終わり

と思いながらさっそうとエスクードで乗り付けると正面にいた爆数の客に「キャ〜」とか言われて

おもわず後ろを振り返るVo◆たんこ◆G快人BむらDrえ〜ちゃん

人気のあるバンドも出るみたいやし要チェックだ。競合は前年度優勝(近畿大会)であるもう一つの京都代表ジェラルディーンや当時インディーズのCURIO、吉本2丁目劇場所属のバンド数組がいてそうそうたるメンツの中、え〜ちゃんの薄い知り合いかつ、たま吉が一時在籍してた滋賀代表というローカルなバンドもいてホッとしたりとか。とにかく本番マデ気合を蓄積する。満員のお客の前でコンテスト開始。オープニングの階段降りてイクところでズッコケたりして上々のツカミOKかげんダ。そして各組の演奏も開始。トップのCURIOはローリーに絶賛されててビビる。あっと当然優勝ネラってたんで、そに時点で彼らを最大のライバルと認識した。 ※その曲は後に彼らのメジャーデビュー2ndシングルとなった
数組マズマズの評価の中いよいよ京都代表the shoutersの出番。テンションバリバリのR&Rを展開

したツモリがボロクソ言われて

ジ・エンド。愕然としながらエンディングを待ち各賞の発表で準優勝がCURIOと聞いた瞬間

我らが優勝では!?

とありえないコトを考えて顔を上げると

滋賀県のバンドが涙ぐんでた ※ひたすらシブいバンドだった

こうして青春の1ページを綴るBSヤングバトルは終わった。重苦しいハズの帰りのエスクードは運転席に快人、助手席に私、後部座席にむらとえ〜ちゃん

と女子高生2人 ※1600cc-限りなく4人乗り

がイテその超絶なセマさを逆にニオいを楽しむコトで最高の空間にしてたむらと、知り合いが優勝し良かったと思ってるえ〜ちゃんという妙な雰囲気の国道1号線であった。後日先述の職員から「ちょっと評価が辛口で申し訳ありませんでした」というイタいフォローとギャラ2万ペソの振込の報告を頂きNHKとの関係も完全に切れた。直後のライブでコノ悔しさをブツけた「こんなハズじゃなかった」はシャウターズ史上1,2を争うマニアックな曲である。そして放送の時はむらに変わって加入したりょ〜太の家にイキNHK-BSを見て爆笑しながら、2年後のミューズのオムニバスCD発売ライブで、優勝した滋賀のバンドと対バンし「スッ、スゴイすね。。」と彼らに言わせリベンジを果たすパワーを蓄積していったのである。詳細
2003
8/13水
さよならケンちゃん (1995年春)

シャウターズの定番の一つに表題と同名の曲がある。これはとあるメンバーのコトを赤裸々に歌ったバラードであるが何気に

私以外ほとんど彼を見たことがない

幻の人なのである。以下、彼のコトを懸命に思い出し当時の苦労は忘れコミカルに綴りたい。

4月でGあつしBたま吉Dr本田というウマい連中に逃げられ途方に暮れるもきっちり月1回はRAGで(苦手な)1人弾き語りライブをシャウターズ名義でこなし爆裂Rock復活の機をウカガッテいたトコロ、メンボで一人ひっかかった。電話でアポをとると豪華マンション絶叫オフィスのすぐ近くにすむ青年で

ラッキー ※近い方が何かと動きやすい

とマズは思った。そしてほどなくしてベルを鳴らしたのは、ギタリストというよりも

まるで秋葉原の行列にいそうな ※ある意味新しかったかも

ケンちゃんだったのだ。そのルックスから即座に断ろうとも思ったがとりあえず話だけはしてみるコトに。人は良さそうやし聞く音楽もイイし音楽学校出身やしバイトもしないプータローの超絶ヒマ人やし何より

素直そう ※最重要項目

ルックス以外は完璧だったのでキープするコトに。その日よりシャウターズのレパートリーをかたっぱしから譜面に落としてもらったり深夜に二人でファミレスにいったりRAGにコビ売りにいき酒は飲めないマデも自称ブルースギタリストなコトをアピールしたりと不気味な活動の第11期シャウターズであった。後はリズム隊。あつしやらの時の教訓でフュージョン系は避けソコまでウマくなくてもツルめるような人がイイと思ってDrは以前に最前列で踊ってた知り合いの知り合い(他人)のえ〜ちゃん、Bは難民キャンプを脱退してたむらに決定した。この時点でRAGのライブまで1ヶ月。4回の練習やし気合イレて挑んだ初練習(ミューズスタジオ)で

ペラペラのギターを奏でるケンちゃん ※オリジナルジャンル:ペラブルーズ

ていうかどれだけ音量上げても聞こえないギターで、これは逆に才能と思った。え〜ちゃんも当時は音が小さくむらも轟音タイプではないのでまるでアコースティックのよなエレキバンドだった。以前のフュージョンバカテクバンドと比べその落差に愕然としながらもその原因たるギタリストには引導は渡さずきっとケンちゃんはウマくなると念じながら練習を重ね

ようとしたトコロでケンちゃん失踪 with 私のお気に入りのCD ※断じてダメ出しはしていない

マジ全く連絡が取れずスタジオにも姿を見せない。シカタないので残り2週間、2回の練習でライブを強行(シャウターズバンド形式復活)したんだけど、1曲目の

「さよならケンちゃん」  ※超速で作成した新曲

でケジメつけたね。
次からは快人が復帰するので3人でやったのは1回キリだったが苦労した分印象深いライブだった。この曲を引っさげ徐々にシャウターズは再び市民権を得てイクのである。

後にケンちゃんの知り合いという人とタマタマ対バンをしたトキに聞いた話では自信をなくし即効故郷の岡山に引きアゲてたらしい。そして数年後、貸してたCDと図書券かなんか送られてキタのでアール。なんだかんだイイ奴やったがんばってやっときゃ良かったのにねえ。後者(図書券)はまだ使ってないなあ。そしてこの曲なんだか歌いづらくなったよ。
2003/08/12火 ラスト30Days!! 久々に日記でも書くか。ココ最近現場を去るカウントダウンが生きがいになってマス。かつ引き算するのは 当日の朝 ※当日分も引く いくら30日とはいえ雰囲気どうにかナラんかねえ。そんな中タマに熟考して解決した時に達成感をオボえる自分がイヤです。
にしても日曜のPRIDEミドル級GPスゴかったねえ。昔話と天秤でアプしなかったが。 桜庭倒れた瞬間ちゅうのはサイレンススズカが壊れたトキぐらいの時代の終わりを感じた。でも私は田村を超絶応援してマスた。あとノゲイラの試合が塩だったらしいがダイジェストやったから本編見たいス。
2003
8/11月
エジプトインディアン

私のプライマリーな師匠はTheピーズと思ってる方は多いと思うがそれは違う。まあしょっちゅうこの日記に登場してルけど(笑)。

シャウターズを始めた頃の一番の悩みは

同じ匂いのするバンドがいない

というコトだった。古豪Rockシティ京都は当時荒んだモノでロックバンドはヘビメタとビジュアル系が大半だった。サスガにそれ系との対バンはほとんどなくかっちょええバンドもけっこういたし、REPLAYSなんかとも意気投合したけどジャンル的には同ではない。ショウターズが個性的だからというならば逆に良だが

京都にいなかったダケ

と断言デキる。我らも革新的なコトをしてるツモリは全くなかったし。
ある日の明け方、秋葉さんの部屋でRAGに持ち込まれたいろんなバンドのデモテを聞かせてもらっていた。ヌボ(有田さん)の貴重な音源とかを貸してクレと頼み込んでたらエジプトインディアンの曲が流れてキテ

仲間だと思った

他にもブルーチェリーというバンドも仲間だった。かつこの2つは師弟関係とか。納得だ。後者はシャウターズと同期ぐらいでRAGに出演中。前者はすっかり卒業して磔磔や十三ファンダンゴで活躍中とのコト。年齢的にも先輩でぜひ近づいてみたいと思った。そして時は流れ、ある日のRAGライブのコト。客席後方で腕組みしながらこっちをニラんで演奏を見てるどう考えても同業の兄ちゃんがイテ怖かったが、その人が

エジプトインディアンVoのみゆるさん

だったのだ。どうやらそん時の対バンを見にキテたのだとか。話もデキず悔しかったのでお返しに彼らの磔磔でのワンマンライブを見にイキ最前列でニラんでたらライブ中のMCで私をニラみ返し

「まるでシャウターズみたいやな」 ※ギャグで受けをとった後

と言いやがる。嬉しかった。まるで円熟味をおびたシャウターズのようなライブ終了後、打ち上げで初めて話すコトがデキた。彼らも対バンには苦労してるみたいだ。ただし大阪(ファンダンゴ)はマシなんだとか。

ターゲットが一つ増えた

それからは毎回見にイクようになった。曲も覚えてキテ数十曲あるレパートリーをいつもカブらないよう選曲したりして勉強になった。曲もいいが

優しい

のデス。スルドサはないけどじんわりクルのデス。特にアサミさんのギターはやわらかくどんなギターでもどんなアンプでもアサミさんの優しい音とメロディなのでした。Bのナビさんもいつもニコニコしてるし。花の名前の曲名が多いのも似合ってタ。昔ウルフルズとツルんでたらしいけど

全然負けてナイ ※世界観も似

そういやウルフルズのデビューシングル「やぶれかぶれ」って、もろエジプトっちゅう感じやったなあ。
我らのRAG初ワンマンに見に来てクレアンケートに

「◆たんこ◆がんばれ」「◆たんこ◆しっかり」

というシンプルなメッセージと意味不明のイラストそして”良かった曲”の欄に「と・め・て」(新曲)と書いてクレてたのが嬉しかった。はっきりいって動員ではシャウターズが勝ってたけど、ブルーハーツのマーシーさんがライブ会場で

「エジプトインディアンってイイよ」

一言言って以来お客さんの数が爆発して軽くヌカれてマスた。あれも嬉しかった。ていうか

便乗したかった

んな感じでキャリア的にも"格"的にも、全てにおいて私の先をいってたみゆるさんに私が勝てるコト

女へのモテ方

ぐらいだったのだ(爆)。ツイに一度も競演デキず、ミューズからカケつけた拾得のラストライブは倉もっち(真心ブラザーズ)のライブの時よりも超満員でステージ脇のアサミさんの直前でナントカ見た。アンコールの声がスゴかったけどみゆるさんヤラんかったなあ。
エジプト亡き後、JUMPS(島さん)が東京から連れてキタSKIP COWSの演奏を見て、かつ島さんの「シモキタにはあんなバンドがゴロゴロいる」という言葉で東京進出を決めたのだった。 ※上京じゃなくとりあえずツアー

実家のお寺を継ぐタメに北海道へ帰ったみゆるさんは相変わらずR&Rしてるみたいデス。「さくら」もう一度聴きたいなあ。
2003
8/10日
シャウターズ初の活動休止 (1994年夏)

メンバーが変わりながらも2年間マンスリーなライブを展開してきたシャウターズも就職活動の快人と理由不明のMAXがヌケるというコトで6/9(ロックの日)のRAGのライブで一旦クリアにするコトに

某店長の発案で

なりマスた。シャウターズ中心の生活だったので不安ではありマスたが密かに時期メンバーも秋葉さんのおかげで決定しており、ていうか

鬼のようなソロライブスケジュールを

RAGはおろか京都ミューズまでも強要し正直嬉しかったデス。またこの頃、仲の良かった難民キャンプ(清)のライブにゲスト出演したり京都ミューズでのソロ弾語りライブの時は逆に清っさんとむら(B)にゲスト出演してもらいゲストDrのくにぴょんと4人で

結局最後はロックバンド編成 ※◆たんこ◆→◆たんこ◆&G.清→◆たんこ◆&G.清&B.むら→◆たんこ◆&G.清&B.むら&Dr.くにぴょん

画期的なライブをしたりしマスた。ちなみにこの手法は後に15期メンバーでもやってマス。で、そのミューズのライブの日が師と崇めるエジプトインディアンの解散ライブで、打ち上げはおろか残りのバンドも見ず拾得へタクシーを飛ばしカケつけ、Voのみゆるさんに

「後(の京都シーン)は僕にマカせてくらさい!!」 ※以後実行デキたと自負してル

と何度も言ったらイヤな顔されたコトは今となってはイイ思い出デス。
んな感じでソロ活動してマスたがRAG秋葉さんがサラにグレイトな企画を。当時RAGは18:00オープンの19:30スタートだったのデスが「ゲリラ的に19:00から弾き語りをヤラないか」という内容でかつ

毎日 ※ポン太さんのようなプロの日は除く

ビビりながらも嬉しかったしイカせてもらいマスた。バイト中にヌケだしたりして毎日演奏しマスた。まあ

あまり効果もなく ※キャラはあれどもテクついてコズ

中途で終わった企画になりマスたが10回以上はやったハズです。これはリアルな修行になりマスた感謝。ちなみに

ココでは書けない思い出もありマスた

そんなこんなで、9月に最後のソロライブをゲストにBのたま吉をムカえてやり遂げ、Gかっちゃり、Dr本田と4人で10月に復活するマデが初の活動休止でした。新鮮であっという間でしたが2度目は東京で長い長い地下生活となるコトなんて夢にも思ってなかったのデス。
2003
8/9土

MAXと西部講堂 (1994年春)

ミラクル・ボスの最終リハとなった深夜練習で思い出したお話。昔毎週深夜練習をしていた時期がありマスた。
RAGにて初のワンマンライブを大盛況に終えつつもそのライブでBのしらいが学業に専念するという理由で脱退し、知り合いのブルーチェーリーというバンドのタバコ(という人)にヘルプしてもらいながらツナぎ、ようやくメンボでMAXという狂人と知り合ったのデス。百万遍にある彼のマンションに赴いたトキは、四畳半ぐらいしかないスペースに二段ベッドや机、テーブル、マッキントッシュ等物理的に無理な量のオブジェと、トイレを暗室にしてるホドのカメラマンであるコトや、それで現像した写真はほぼ全て彼がまたがってるコトからバイク好き 
※後に私に無断でお客(女子高生)とツーリングにいったコトが発覚
という状況の中で10年ぐらい京大生をやってる個性的な方だというコトを認識しマスた。肝心なコトですがミック宮川ショーという当時シャ乱Qの次ぐらいに有名なインディー(コミック)バンドに在籍してた事実からぜひシャウターズに加入してもらいたいという希望が生まれるも話がカミ合わず正直アキラめてたら

あっさり加入を表明

し非常にうれしかったのを憶えてマス。かつ練習は彼のコネで大学のスタジオを無料で使用デキるというコト。それまでは(アンティックムーン未知のタメ)京都ミューズにあるスタジオで昼の3時〜※夜型のメンバー主体なタメ
とかで、一般的な20:00前後がNGであり、スタジオ自体も学生相手のタメ昼間は逆にウマってたから深夜0:00〜朝マデパックを使用するコトに。ていうか

そんな時間も運営してるスタジオかいな

サスガは京大デス。ちなみに場所はかの西部講堂横の教室でした。京大西部講堂といえば日本Rock史上に燦然と輝くライブ会場で、かの村八分の主戦場であったコトをはじめ数多くのビッグネームが伝説の演奏を展開してたコトで有名。当時も、頻繁とは言えぬマデも上田正樹とサウストゥサウス復活ライブ(見にイキ超絶感動)や関西ハードコアのイベント等、個性的な活動を支援してマスた。屋根には昔からの学生運動の名残的なペインティング ※いや現役
がされてて、京都(日本)Rockの象徴の威圧感満開。とはいえ単なる大学の講堂なんでとなりの建物には教室があるワケで

ただし授業には使用されず

なぜかスタジオになってるのでした。ボガンボズがフリーライブをやった空地は普段無法地帯な駐車場になっており練習の時はもちろん

数ヶ月駐車 ※免停かつ月極を借りてなかった頃

してた時もありマスた。京都3大路駐スペースとしても有名デスね。 ※祇園八坂神社の山頂もその一つ
話を戻して、ソコに車をトメて深夜0:00〜6:00マデ練習なのデスが、無料というコトもあり遅刻なんてザラで一番ヒドかったのはDrのくにぴょんが2:00に連絡ナシで登場し、普段30分は遅れてくるMAXに

「2時間ナンテ普通のスタジオならもう練習終わってるヨ!」 ※そらそうだ

と激ヅメをくらったコトも。かくいう私もREPLAYSの感動的なワンマンライブをRAGで見た後テンションバリバリで原チャリを飛ばすも

寺町二条にて酒気帯びでツカまり

失意の中、大遅刻をして練習後の早朝に快人に警察署マデ送ってもらいなぜか同じ県出身のポリに私の田舎の方言(このくそぼっこが!)で激ヅメをくらったコトは忘れられません。 ※遅刻じゃなく酒気帯びに対する激ヅメ
話を再び戻して、スタジオ内は土足・飲食喫煙OKでまあ音はマズマズながらもかなり居心地は良かったデス。かつ6時間の長丁場で

同じ曲を10連続でやったり ※MAXのアイデア(これが良)

3時間カケてアレンジしたりとイイ練習がデキたと思いマス。ラッキーリップスという有名なかっちょええバンド(MAXの知り合い)も練習してて彼らが忘れて帰ったライブビデオは未だに絶叫オフィスにありマス。残念ながら西部講堂でのライブにシャウターズが出演するコトはありませんでしたが

「練習は西部講堂でやってる(た)し」 ※誇張

と言うと同業者はビビったもんデス。結局MAXとは3ヶ月ぐらいでしたがライブはたくさんデキ、初めてTVに出演したりもしました。「僕は病気」というマニアックなナンバーがありマスが後半のグランジ部で彼が荒れ狂う姿や楽屋で得体の知れない英語の哲学書みたいなんを読みふける姿がトテモ印象的でした。その後、借金を踏み倒し【元カノ情報】払ったらしい オーストラリアに逃亡した【元カノ情報】アメリカに留学し博士号を取得し帰国 マデは彼の彼女、ていうか

シャウターズのお客さん

から聞いてはいるけど死ぬまでにもう一度会いたい人レス。

2003/08/8金 昔話が好きだ

今週はイベント多くてストックを公開デキないのが悔しくて仕方ない。たばこ場にエスケープしてたらNリーダーとバッタリでお互い気まずい中抽象的な話題を探し昔のシステム事情に。COBOL独裁時代はPCなどなくにプログラムを書いてパンチャーに発注してたんだとか。当然設計書もALL手書き。そういや昔G社に来てたSEのおっさんも同じコト言ってたなあ。こういう話好きなんです。日本ROCKも古いのをめちゃ探して研究してたし。タマにこの日記に登場する外道村八分もそうですね。でもね

今のバンドと比べたらイケません

どう考えたって昔がショボい(笑)。当時それをやってたコトが美徳なんデス。それを認識してないと小田くん(元スタッフ)みたく

この日記を見て村八分買ってその音に愕然とする

のデス。ちなみに私が今探してるのはそんな村八分の前身裸のラリーズ。2chによると

なんだこりゃ

状態らしいデスが歴史の文献としてぜひ入手します。でも(特に小田くんにだけは)、

三上寛だけは絶対聞くよーに

逆に最近のはヤバめなんでデビュー当時のをぜひ。とココまでが午前中のオモいだが昼休みに白井からTELだ。おー飲みにいこーぜ。Nリーダーに 用事があるんで と言ってずらかり田町ふうりん-原宿SADカフェ(何でやねん)とまたしても爆飲しながらREC計画を立てたゾ。および私がどんだけ思い出しても出てこないアザーサイドな話も聞けて10年たって目から鱗だ。当時白井とはそんな仲良くなかったけど今一番イイのではないか。おもしろい。彼もいろいろ大変みたいやけどお互いがんばりたいとアイマイな一言で週末へ。
2003/08/7木 何十年も一緒にヤッテくつもりだった

朝メール1本入れて午後出勤したらNリーダーもY_PMもいなくて調子狂いつつ明らかに他の人の見る目が違う環境のナカうだうだしてたら16:00にNリーダーがマズ登場し社食で話し合う。半泣きの彼は「ずっと一緒にがんばってイキたかった」と今回の騒動よりも何故私が以前から辞めたかったのかにツイて問い合わせた テメーの所為ダヨ とは言わずナンカ悲しくなってテキトーに理由をみつくろいながらも悪い人じゃないコトも認識。もしかして明日とかで終わりならチト淋しいのかと考えてたらY_PMも帰ってキタみたいでNリーダーと赴く。ゲストルームへイキ面接のトキもココだったなあまさかんなコトになるとは思わなんだなあてな感で着席。満面の笑みのY_PMとお互い社会人らしく謝り本題に入る。先日の口ぶりから「それなら即日退職でいいヨ」ナンテのを期待してたら後任うんぬんは度外視して期間とヤルコトを決めるというもっともらしいイヤな展開。まあこっちも腹をくくってるのでうなずき8月一杯と今のノルマの激減で手を打った。他の人員増の話をするというコトで私は外され地下牢獄の席へもどる。2秒ぐらい9月からのパラレルなREC計画をタテてたら電話でスグ呼び出されゲストルームへ戻ると 「ゴメンやっぱ9月一杯にしてん!」 2人 それって契約期間JANコード。トラブルも何もなくても双方選択権があるやん。ショックを隠せない私は29月30火はカンベンしてくらさいっちゅうコトしか交渉デキず。しかし何故ソコまで引っ張るのだ。来年3月マデのPJを短期と言ったY_PMの真意は 終身雇用 だったらしい。そっかNリーダーの後釜というのは彼定年後も見据えたコトだったのか。末恐ろしい。私はロッカー&フリー。やっぱ勇気を出してKKさんに言って良かった。そしてこの2ヶ月(もはや)はドレダケ札束積まれテモくどかれないようひたすら誘惑に耐えるノミー(続
2003/08/6水 「鞄の件は、ユニクロなのでいっしょですね(^ ^)」 Y_PM 二日酔いのタメ5時過ぎとかに目がさめやがる。昨夜のコトは正直あんま憶えてなくトラブルの規模が把握できないまでも体内の日本酒を軽く2,3回トイレットに還元し7時を待ってZさんにTEL 私のカバンをひょっとして持って帰ってクレてないか と期待したモノノ知らないという無常な返答に腹をくくりスーツを着て永福町駅に向かう。にしてもY_PMのカバンは重過ぎる。いつもより1時間早い職場は誰もいず早急にY_PMのカバンを置き通行許可証に判子を押す。サーバールームへ降りてヤバいファイルを全て削除してビルを後にして絶叫オフィスに帰宅-爆睡-携帯のバイブ音で目覚めたら11時だった。着信履歴を見ると 09:10KKさん
09:29Nリーダー
10:56KKさん
とあり事件がリアルだったと確信しKKさんにTELし12時に渋谷で落ち合うコトにした そしてマタめしをおごってもらいながら 詳細を話した。あんま憶えてないので私が有利な感じで話す。ちなみに爆睡してる間にKKさんは社長と田町マデ詫びを入れにいってイタ。んでナンカY_PMも反省してて 雨降って地固マール などと前向きな雰囲気になってるらしくビビる。しかし勇気を出して退職の意思を伝えた。KKさんも観念して対応してクレるとのコト。まあ即日っちゅうのは無理だが代わりの兵隊が決まれば引継ぎ1日とかで抜け出せる。にしてもKKさんには何度もオゴってもらってる。彼曰く 社員でもこんなにおごったコトはない ※いくら領収書とは言え落ちないトキもある そうだろう(爆)。ナンカうまが合ってるかもしれない。二日酔いなのにカツ丼セットとか思わず頼んで死にそうになりながらも今度は喫茶店でコーヒーを恵んでもらいながら ファストタテヤマは1番枠だから天皇賞では買うべきではなかった と競馬ネタで盛り上がり ※競馬やらはるとは知らなんだ
当初の目的を忘れつつハチ公前で別れた。マイクでも買おうかなと行き着けのREC屋にイクも閉まってたんで素直に帰宅。KKさんに言われるママにY_PMとNリーダーにお詫びメールを送信。Y_PMから即返信され顔文字まで入った前向きな内容に心が痛んだ。マタ爆睡して21:00に目覚めたらKKさんからメールが。さっそく後任探しを始めるとトモに最長9月一杯、およそ8月一杯程度であろうとのコト。ドサクサに紛れ7月の残業代を半分カット(2万ペソ)されながらも ※N○Cは規約により払わず私とグ○バスで痛みワケ
快諾しつつNリーダーがお詫びメールに感動したと聞きまた心が痛んだ。さあトラブルメーカー◆たんこ◆は明日何食わぬ顔で出社しマスマス引きつった顔のNリーダーを見るコトでしょう。
2003/08/5火 田町現場飲み会 概要設計もとりあえず終わったし中ジメというコトでY_PM(N○C)発案のモト初の飲み会が行われた。1次会の居酒屋でZさんとトモにNリーダーに対するグチをコミカルに連発しY_PMも「いいタイこと言えYO!」とあおってクレた。宴の雰囲気は悪くない。他にも一言も口を聞いたコトがない人らとも談笑デキ ナンデもっと早くコレをヤラないんだ と切に思った。つまみは3口ぐらいで日本酒で腹をいっぱいにした状態で2次会のカラオケに突入。リアルロッカーを打ち明けるのか!?ぐらいマデ機嫌も良くなってる自分がイタがとなりの席のY_PMが なぜかイキなりキレ出す とりあえず「辞めろ」「金は払わない」の連呼でその場を飛び出す感じでタクシーのに飛び乗り6,590ペソを払って下車即ゲロの後、満を持して絶叫オフィスの扉のカギを開けようとしたら Y_PMのチャリンコのカギだった まさかあんなエラい人が同じユニクロの鞄を使ってるとは。ノートPC(おかげで激重)や財布やらがインサイド。「これで辞めれるのか」とヒソカニ期待してたけど少なくとも1回はイカないとイケない ※鞄交換
というコトに加えまだカラオケボックスにある私の鞄インサイドのUSBメモリキーの中身を見られたらアウトと思いツツうなされて寝ます。
2003/08/4月 えっ!?コーディング?? 当初の話と違っていつのまにかプログラムも書かないとイケなくなっていた しかもCOBOLとJava 両方初体験なんデスけど。しかもけっこうイイ感じの納期だ。全部で36本プログラムがあってとはいっても一つ一つは小さいんだな。まあCOBOL式の考え方なんだと。でそのうちダルい順に16本は中国に発注して残りの20本を私がやるらしい。16本は設計書を完璧に書き20本は自己責任というコトか おもしろくもナントモない ただただ平穏に去れるよう祈るノミ。19:00過ぎにNリーダーに36本の詳細なスケジュールをなるはやで強要されテキトーに日付イレて提出したら読み合わせヤラされた。全部を2ヶ月でヤレと言っておきながら細かい日付を見て 「デキんの!?」 デキません。てかそれはアナタ自身に言ったコトなのかな?
Nがタバコを吸いに離席したスキに脱出し恵比寿へ。駅構内の讃岐うどんを食った後りょ〜太とA-JOE君と落ち合い後者の黄色のポルシェで時速150kmぐらいで都内のアンナミラーズめぐりをして送ってもらいマスた。りょ〜太から受け取った菊田のサイン入りのチケットが有効になる日に私はどんな状態なんだろーか。
2003/08/3日 ママセッド at 下北沢ガレージ を見にいってきやした。ガレージって久々だ。京都時代初の東京ツアーもココからやったし東京シャウターズのラストライブもココ。 5年ぶりデス 久々の主戦場は何も変わってナク、新人バンドママセッドを公平に迎えた。昼の部(いつのまに)で12:30スタートだった。都内で唯一デッドな私好みのハコと思ってたがママセッドにはんなコト関係なかったみたいだ(笑)。尾崎豊のライブ盤のSEから始まり客を引かせMCも最小限かつ支離滅裂な感じながらも新曲を含めPOPな逸曲が続く。ただしVoは相変わらず聞き取りずらく類稀なるオリジナリティがあるだけに今後に課題を残した。以前見せてもらった怒涛のスタジオ練習のクオリティと2年間ライブもせずリハをやり続けた根気とチームワークがある限り必ず浮上してくると信じたい。そう、ガレージの特殊なステージ形状を利用(?)してGDrBVoという順番で並んでたのがおもろかったッス。 帰宅したら1:30とかでいつも起きるぐらいの時間(日曜日)だったがイイ休日にさせてもらった。あぁ、明日から詳細設計(何じゃそりゃ)
2003/08/2土 実は昔話ネタたまってマス

ワリとイイ日数分デス。じゃあナンデ毎日アプしないかと言うと

続きモノが多い

んで。なんかのイベントがあって分断されると後から読みにくいでゲしょ?やっぱ専用のコーナー作った方が良かったかなあ。ウマくその日の出来事とリンクできればいいんだけど最近

その傾向ナッシング

なんで。思えばこんなに集中せんともっと前から小刻みにいっときゃ良かったネ。ちなみに公開日に文字校正太字・大きさチェックする行為がタマらなく好きデス。そういやこの日記自体も最初の方は現在からみれば完全な昔話だけど

タマに読み返してマス

で、独りで笑ってんねんアホデス。でも初期は恥ずかしい文章デス正直。音楽活動と一緒で

向上してる

と思いたヒ。そして枯れないように、また飲み屋とかで「○○年前は毎日日記を書いていんたーねっとに公開してたゼ」と言わないで済むよーに

一生書いてイキますから

音楽は毎日ヤラネども日記は必ずで、気が付くと作品がタマってるこの感じ。ちなみに2000/03/21から毎日(分)あるんで本日で1230話目というコトに。初期から読んでル方はいいでしょうが途中からの人が全部読むのは至難の業でしょうな。貴族が「時給が1500ペソに上がるトコまで逆読みしやしたよ!」と言ってクレたのが知ってる範囲の記録デスがそれでも300日ぐらいなんで(笑)。
トニカク来週軽く3話アプりマス。

追 ちなみにこの熱い文もイツ書いたのかワカりません
追2 今日大士が車借りにキタ。明日のライブがんばれYO!←本日書いた
2003/08/1金 次期作品の構想

ていうかアルバム制は必然性も感じられないんで単品でことごとくMP3アプしてくんでお楽しみに。てか以前もんなコト言ってたっけ。というコトは

進捗ゼロか

いや、そうでもないんだな。これも前に言ったがGroove Agentという勝手にドラムパターンを作ってクレるヤツに加えばあああというこれまた勝手にぎたーをカッティングしてクレるVirtual Guitaristというツールがあって音が悪くないのだ。今まで、MIDI(音源)にとってギターは鬼門で音自体本物との違いは一目瞭然だし ※歌の次に目立つパートでもあるし
複数の弦を鳴らすトキの微妙なズレ ※6ついっぺんに鳴らすのは物理的に無理
からコードカッティングは至難の業。タマにものスゴくナチュラルなMIDIギターもあるが

超絶プロ級

のスキルと時間を要するであろう。というコトで以上をフマえた上で

弾いた方が早い

と暗黙の了解だったのだ。ちなみにシャウターズのREC作品で1曲だけMIDIギターが導入されてるのをご存知?「ダンス」のラストナンバー「ジ・エンド」という曲のAメロのバッキングがソレ。曲自体もろハードコアのアナログ風なのだが、それやからこそあえてMIDIにした

のではなくテンポが速すぎで弾けなかったから ※後に快人がライブで弾いた サスガ

というコトは内緒でアール。まあアンダケ速いと音色とかズレとかカンケーないけど。
話を戻して「Virtual Guitarist」やけどCD3枚分の生音をサンプリングしてるよな感じで音質は問題なしやし、「ブギ風」とか「R&R風」と選び小節ゴトにコードを当てこむだけで

それっぽくカッティング

してクレますナチュラルすぎマス。演奏のミスは皆無なんでGroove Agentとセット次の曲に導入しよっと。