シャウターズ6thアルバム「この島一番のくそぼっこ」MP3公開 ・・・・・  聴いた方はぜひアンケート投票を!
2005/05/31火
ん!?今日で5月終わりか 頭には京都にいって久々RAGでライブやったたんだよなあ。YAMAHAでもやったんだよなあ。ハルカ昔のよな気がする。色々あると時間の経つのが遅くなるんですね。でもナンカ カレンダーに書いてあるコトを懸命にコナしてるダケ ※おかげで弾き語りには完全に慣れた のよな気もするデス。明日はマタBEATLESか。緊張感なくなってキテるヤヴァい。そろそろRECを再開するのがイイんだろうな。
ふぅ、明日の曲順でも決めルか。
2005/05/30月
ピアノ教室路上ガストYASU邸 どうやらサークルの定演は今後もBENNY'S BARで、かつ第3→4日曜日へ変更というコトを ピアノの先生から聞く ※異常な人間関係 嗚呼、ピアノも練習したいなあ、でもヤラないんだよなあ。教室後サンポートへ。YASUはもう路上演奏を開始している。二日連続となる私はネイキッドに積んだママの路上セットを運び出す。ん!?ドコからか別に演奏してる音がするなあ。 中村マスターが生音で弾き語りしてる ※いつものスーツ姿&寝グセ 何故一緒にヤラないのだろーか。相変わらず謎の人だ。シカト気味に演奏開始。YASUがハープやコーラスでカラんできて久々の人とやる楽しさを味わってたらポツリポツリ予期せぬ雨雫が落ちてキテ大事を取って終了というコトに。20m先でヒトリ演奏してる人も誘いファミレスへ。長時間ダベりつつ上機嫌で後にするマスターを見送り宅録の相談も受けたりした次はYASU豪邸へ。彼が悪戦苦闘してるMTR・コンデンサマイクの途中経過を聴かせてもらう。 予想以上のクオリテー ※ちとビックリ テキトーに推薦したRODE NT-1Aがビックリするぐらいイイ音を出している。VoもAGも、ヌケるけど高音キツくない。やっぱRODEあなどれないぜ
おっとワキイチさんもキタ。iBOOKをいじり倒したりしつつ談笑。長い1日だったなあ。
2005/05/29日
瀬戸大橋記念公園で演奏 寝坊し急いでWINSまでイキ馬券購入しミネさん宅へ。本日はサークルの先輩江中さんに誘われ初めての現場での路上演奏だ。もともと高松市のコトぐらいしか知らない私にとって西部に住む江中さんの存在はココロ強い。色々な現場を斡旋してクレてて期待が膨らむが今日がその第一弾といったトコロか。以前いった造船所をちょいと越えたトコロだったのでびっくりしたりする。海沿いにある公園でその端の路駐スポットのスグ横というナイスな場所に屋根付き客席付きのステージがあって 勝手に使ってイイらしい ※てか警備員とかいないし 惜しむらくは観客がいるとは限らないというコトだけど、まあ練習にはなるなという感じでセッティングする。以降、3人で順ぐりに3〜4曲づつ4マワりホド演奏していった。向いにある公園では家族連れ中心にチラホラ通行客がいてフルテンの私のアンプに反応し足をノバしてクレる人も頻繁にいて、サンポートに比べると人の多さ自体は少ないが食いつき度は上といったトコロだ。まあ 客席多過ぎて埋まらずサビシー雰囲気ではあるが ※埋まったらソレは集会だ まあスグ後ろが海で釣りもデキるし瀬戸大橋もバックなんでソウカイでもある。サークル員が増えたら定演の場所にもイイかもしれない。
後にして帰路、15:40に停車しミネさんとラジオに集中。双方ダービーを外したコトを確認しお疲れ様となる。
彼を送った後YAMAHAで大幅にマケてもらったTAKAMINEの修理上がりを受け取り店員と談笑、BENNY'S BARでBENさんと色々打ち合わせをしBEATLESへイチゴスター他のバンドライブを見にいってラーメン食って帰った。6バンドは多いなあ(笑)
バーベキューもイイかも 追 やっぱディープインパクトはナリタブライアンだった。ただただ無事でいってくらさい
2005/05/28土
日本ダービーかあ 抜けてるのが1頭いてそれでいて他は混戦なんで当たりづらいし当たっても低配当というスルーすべきレースと決めていたけど何と言ってもダービーなんで予想はするか。皐月賞で躓いて出遅れて直線チギったディープインパクトはナリタブライアン級の可能盛大なんでマズ勝つ、いや勝負やからとんでもない不利とかあるかもだが故障でもしない限り3着はハズさない明らかに皐月賞組とは勝負付けが済んでいるから別路線の青葉賞と京都新聞杯が人気を集めてるが勝ち馬は双方辛勝なので入着すらキビシイと見る。実際似たようなパタンで人気したローゼンクロイツは皐月賞で飛んでいた。皐月賞と弥生賞を見ればコレしか考えられない ◎ディープインパクト
○アドマイヤジャパン
▲マイネルレコルト
順番もおそらく印順と見るがオッズ的に3連複が60倍とかやし思わず買いに出発。ていうか16:20からウオーキングでWINSを目指したけど閉館2分後の到着となってしまった。Uターンウオークで再度オッズを確認すると50倍を切ってイタ。まあだからと言って迷わず明日の朝にでも買いにイクか。
2005/05/27金
そろそろジーコを クビにしないと取り返しのツカないコトになるのでわ。
最初から読む
2005/05/26木
高知一泊旅行 2日目 観光 11時チェックアウトのホテルにしといて良かった。ゆっくり寝てシャワーもアビて出発。即帰って作業場とも思ったがせっかくなんでネイキッドでブラブラと。気がつくと海岸に迷い込んでたので降りて釣りをするじいさんらを視察する。ものスゴく引いてルので注目してたら雑魚だった。ドコでも同じなんだなあ。でも違いは海の水のキレイさ。太平洋はデカいなあ。てか 何で釣り竿セットをツンでおかなかったのだ ※路上演奏セットが鎮座 続いて前回話題沸騰するも入店デキなかったナイスネーミングな店でブランチ。店名と同じメニューは存在せず代わりにきつねうどんという名のものを頂いた。細麺で味は独特デス(笑)。ていうかまだ午前中なのにビールおかわりしてるおっさんがイタのがステキだった。おばちゃんがホステスがわりか?

次に経営難が囁かれる高知競馬場へ。 山奥だけどそんなに街から離れてないイイ場所だ。本日競走はないけど夜は大井競馬場のレースの場外として機能するらしい。職員のおっちゃんが親切に中にタダで入れてクレた。 なかなか立派なスタンドやしちょっとしたビジョンもあるしパドックもちゃんとある。何よりハルウララなんてスターホースもいた。次来る時も存在してて欲しいなあ

そして水族館にイキたいと思った。いっぱしの龍馬FANとか言いながら妙なコース選択だ。でもそれは龍馬記念館近くにあるとワカったので結局同じ場所にいってるんだけど。いったん桂浜マデ降りてその奥にひっそりあった。うどんの国と同程度だね。ただしアシカのショーなんか気合がスゴくてそのクセ簡潔にスパっと終わるし館内も限られたスペースと魚の数で工夫されてて好感が持てた。 マタうどんの国の負け ※評論家かワイは うん楽しかった、水族館サイコー。てかやっぱ水キレイやわ。 次回は絶対釣り竿セット持参 ※うつぼ釣れたらどうしよう←たたきが食いたひ いよいよお別れの時間がキタ。ややカツオたたきも食傷気味なんでラーメンなんか食って後に。出張BAY5 SQUARE釣りとかなら最高ダネ。てか旅もイイもんだ。早く在庫をタメて全国に出張にイコう。
まあ今日のトコロはお家へ帰ろう。 ホント水キレイ
2005/05/25水
高知一泊旅行 1日目 奥田民生 at 高知 BAY5 SQUARE 二代目の夢日帰り龍馬堪能ツアーから1年、高知旅行も2度目なんで勝手もワカる感じだ。1時間半で高知ICに到着し降りてスグのトコロに笹岡君オススメの料理屋を発見したのでマズ昼飯。カツオタタキをいち早く堪能したけどその下のサバ寿司に見えてアジな寿司が油っこいぐらい油がのっててウマかったブ厚かった。そして高知駅近くのホテルへひとまずチェックインしていざ観光 ぢゃなく仮眠 ※マイペース したら気持ち良かった。まだ日の沈まぬ夕方にこの度のメインイベントが行われる会場へ向けおっちら歩き出す。イカにも南国な景色の中でキッチリ区画整理されたトコロを通る路面電車なんか広島を彷彿させる。おそらく中心歓楽街であろうアーケード街やデカい道どおしが交差する手前で、有名というはりまやばしなどを通過するがまだライブハウスには到着しない。ていうかどんどん景色が淋しくなってイク
そもそも何故うどんの国でなく高知なんだ!?という問題にツイて考えながら歩いてイク。アクセス・人口を考えると四国ではうどんの国がベストなハズ。やっぱ昨夜のピーズのライブのよな県民性がバッドなのかなあと自己完結してたらとうとう店とかなくなるぐらい淋しいトコロになっていた。ていうかもう海でよく見ると得意先の巨大セメント工場とかあるし。また営業に来ないとなあとブツブツ言ったとなりが 会場のBAY5 SQUAREでした ※正直ビックリ あっけにとられつつひとだかりとトモに入場。こりゃライブハウスぢゃない、体育館だ、いや巨大倉庫だ。キャパも数千あるだろ。奥田民生ライブハウスツアーとか言ってルけど結局はアリーナクラスというコトか。いやはやホール内もかっちょいい。川崎クラブチッタか渋谷AXか。今はやりのメガスタンディングアリーナが なんで高知にあるのだ ※青天の霹靂 今までもビッグネームが次々とキテるらしい。こりゃうどんの国はスルーだわな。。てか地元インディーとかも普通に出てるっぽい。やっぱ街をアゲてヤラんとアカンぜよ

肝心のライブだが、こういう箱特有のモコモコの音を味わいつつ、何故かバックバンドを一新して、ていうかギターを民生ヒトリが弾くというギリギリのモノを堪能した。てかアビさんの翌日やからなあ(笑)。
今回のミニアルバムはツイにPOPな曲皆無という仕様で自分のヤリたいコトにFANを付きあわすという姿勢が至極うらやましいデス。鬼のよに地味な曲の連続で終始ヘロヘロのジミヘンのよなリードを弾くロックスターに対し何故あんなに盛り上がれるのか。意図的にヒット曲もハズしてるトコロがスゴ過ぎる。 昨夜のピーズは涙モンの名曲オンパレードだったのに ※県民性かポピュラリテーか てかスタンディングで不動は腰がイタい。 来年も来ると宣言されてたけどその時は折畳み椅子が必須と見た。←結局イクんかい

地域還元のタクシー行列とややハナれたトコロにある路面電車の終点付近の人がごったがえした光景を見ながら再度歩いて戻る3km程度かな。 裏メインのディナーだが、ガイドブックの中から決めかねたので結局前回と同じ店にイク。 いやあ今回もウマかった ※たたきは炭火の方がイイと正直思ってたけどやっぱワラ焼のうっすらとする味が最強ダワ ちと食い過ぎた。お酒を残すぐらい食い過ぎちまった。ふらふらでホテルに戻り深夜番組見てたらミュージックステーションとかやってて あらっ!?民放少ないのね ※うどんの国は何気に全て入る TV東京系すらも と優越感に一瞬ひたったが やっぱBAY5 SQUAREがある方がイイなあ ※作ろうよ と思いながら寝ました。 てか出演したひ →翌日
2005/05/24火
The ピーズ at 高松DIME まさかピーズがうどんの国で見れるとは。かつこのライブハウスは昔、映画館だったトコで何度も足を運んだ思い出の地。超一等地の街中なのだが最近分散化でシャッター通りになってて映画館は軒並み閉館してるのだが、その中のひとつがなんとライブハウスになったのだ。
複雑な心境で 数十年ブリに階段をノボる。ポップコーンとか売ってたトコがドリンク交換所であの重い扉の向こうが当然ホールだ。席は全て取り払われてて前半分がステージ後半分がスタンディングアリーナという感じ。結果、天井とステージの高さ及び横幅はけっこうあるけど奥行きはない、京都ミューズをやや小さくしたようなナカナカのライブハウスと思った。あと、おそらく映写機がおいてあった部屋が楽屋でそこからステージ脇にある工事現場みたいな骨階段を降りてくるという仕様。3人の神が歓声のナカ降りてきて始まった。あっと、音悪いぜ。スカスカで最小編成なのに中音モコモコがっちゃんこダゼ。ギター2本のバンドとかなら即死だぜこりゃ。まあもともと違う用途で建てられたトコなんでシカタないか雰囲気はイイんだけどなあ。とにかく、ワイの主戦場にしようと思ってたので何気にショックだが、んなコトよりうどんの国の人は ロックなライブでも曲が終わると拍手だ ※紳士的 ステージダイブなんてもっての他だぜ。客の入りは七分の200人てとこかな。ピーズのライブハウスってプラチナチケットなんだけどそれは本土だけらしいね。 もうココでは見れないかもね ※今宵来といて良かった こんなに盛り上がらないピーズのライブは今まで数十回見てて初めてだがそれでも文句言いながらでも 曲はめちゃめちゃやる ※スタミナあり かつ選曲も相変わらず。膨大な曲目の中からきっとテキトーに選んでる感がタマらない。アビさん相変わらずスゴかったなあ。最後の方やっと盛り上がってアンコール2回も見れたぜい。
2005/05/23月
昨夜のPRIDE武士道 其の七がおもしろ過ぎて ナカナカ作業場にイケなかった。前田KO負けを知ってたので気が進まなかったけどそれ以降の試合のデキが良く興奮。にしても 最後の五味の試合は強烈だよなあ ※正直負けると思ってたが やっぱ日本人は軽量級なのかな。嗚呼、二日酔いも夜にマシになるね。
2005/05/22日
サークル定演〜ラフハウス初出演 まずオークスで軽く惨敗し今日という日が始まった。出発の時間がセマるナカPRIDE武士道 其の七を見る。最も楽しみにしてたパンクラス前田が秒殺で決めてクレると信じ集中してたら壮絶なKO負け。何気にショックな状態でネイキッドに乗る。相方のマスリーナをひろってマズはBENNY'S BARへ。サークルの定演の今回の会場だ。1ヶ月穴が空いたカタチだが前回の3月
※その日からうどんの国での活動が始まった私
からホントいろんなコトがあったなあと思いながら入店。今まで見に来たり出演したけど都度誰かが機材を持ち込んでたらしく、それがない今回は完全なる生音での演奏というコトで独特の雰囲気をカモしだしている。てか 正直あまりヤリたいと思わない ※世話になっているのに 困ったなあてな感じで一旦後にしてマスリーナとラフハウスへ。対バンが急遽出なくなったらしくゆっくりリハーサルをする。ていうかうどんの国では平気で皆ライブキャンセルとかするし遅刻もする。入り時間ナンテ遅いのにねえ。話を戻してサークルの方に戻る。なんか盛り上がってル。BENさんが気をきかせ沖縄民謡の姉ちゃんとか色々ゲストを呼んでバリエーションを広げてとても同じイベントとは思えない感じだ。しかし中村マスターは自分がカヤの外におかれてるのがイヤなのか逐一クレームを入れている。ていうか 自分の演奏が終わったら帰るという方針はどうなの?(笑) ※店内のメンバーが入れ替わってるし マスリーナの後が私の番だった。
01-僕でいいですか
02-原チャリにのって

マイク無なんで意図的に客席を行脚しウケる。てか今回も私がトリだったのね。次回はドコでやるのやら。
気を良くしてラフハウスに再移動し本番を待つ。この半月間会うたび電話カカるたび不安でフルえていたマスリーナ初のラフハウス出演だ。9:00スタートの予定だったが客の入りが悪くとりあえず押す。色々と客入りだす。店自体も客をツケていてライブチャージも無しやし席数もそんなに多くないのであっという間に埋まってしまった。 なんとか彼らをBEATLESに呼べないかなあ ※切実 それでも押す。ていうか今日は店長shigeさんしか店員がいなく手伝ってアゲたいぐらいだ。はい、とうとう時は来ましたよ、マスリーナさん。
01-Silent Season
02-緑の風
03-1人たたずむ夏
04-March〜別れの春〜
05-夜明け
06-帰り道
懸命に譜面を追ってイクだけだったがマスリーナは大方の不安をよそに楽勝のステージを展開。ホントお疲れサマーでした。そしてちょっとだけ間をアケて私のソロ演奏。オーナーに言われてヤルはめになったが本人の姿が見えないぜ(笑)。三上寛バリのエレキ弾き語りとなったけどあまり客の反応がなくかといって皆食い入るよーに私を見てるので妙な感じだったけど ものスゴくウケたみたいだ ※ここ最近ではMVPか
01-ハニーベイヴ
02-のんびり屋のケン太くん
03-君のことは忘れた
〜アンコール〜
01-ツキささる現実
02-私の夢
まあ、ヨロシクお願いしますよ。しばらく飲んで三度BENNY'S BARへ。歩いてイケるけど何気に距離があるのでwith楽器やと都度汗だくになる。BENさんやぜんいちらとまったりとトメどなく飲む。 また演奏したりとか ※「あなたがひとつ」「山の上」 サスガに疲れたな。ホント長く熱い夜でした。 ディープな夜だった
2005/05/21土
マスリーナとスタジオ 昼に起きて余裕カマしてたらマスリーナからTELが入り2時間後のスタジオが取れたというコトなんで急いで オークスの予想をする ◎ライラプス ○シーザリオ ▲エイシンテンダー ×ジョウノビクトリア WINSで購入し街中へ。YAMAHAでTAKAMINEを預けソフトケースなんかを買い、てかかなりマケてもらう。店員の兄ちゃんと親しくなれそな感じのなか名残惜しく後にしてHit'sという楽器屋のスタジオへ走ってイク。明日の本番にムケての最終調整で2人組程度なのにスタジオだ。嗚呼久しぶりだコノ空間。練習自体はかなり曲に対する認識も増えた意義アル2hであっという間に過ぎた。会員にも入ったしちょくちょく利用するか。
明日はラフハウスでマスリーナwith私及び私オンリーに加えBENNY'S BARでサークルの定演マデある。ディープな夜になりそうでやんす。
2005/05/20金
BEATLESでライブ 風邪もかなりマシになり作業場にもキチンと入って出発。思わず買いだめしておいたユンケルを飲むというイツモの儀式を忘れたけどまあいっか。YAMAHA楽器店によりTAKAMINEのブリッジてか サドルと言うらしい ※全くもって知らなかった モノが到着してたけど高さはおろか長さまでマチマチというメーカーのイイカゲンぶりで店の人曰く「カットしますけど」の言葉に後日ギターを持ち込むコトに決め後にする。そう、今日はTAKAMINEではなくYASUからiBOOKの代わりに受け取ったウオッシュバーンのデビュー日。 だからどう、というワケではないが ※延び延びにはなっていた それと今日はカバー しかもARB ※のバラッド をやる。厳密に言うと昔ドッグベリーで長谷川さんがやってたカバーのコピーだ。あまりにもかっちょ良かったのでずっと家でマネをしていたのだ。カバーのコピーはネタバレしにくいのでイイ。ところで、今日はマスリーナ、ぜんいちとかなりというか完全に連れが対バン。楽屋ではマスリーナの曲をセッションするという緊張感の無さだった。マスリーナはどんどん演奏が安定してるし、ぜんいちはサラにスゴみをましギターを叩きピアノまで叩いていた天才ブリ。というコトでワイのライブ
01-ソロシンガー
02-やる気なし
03-のんびり屋のケン太くん
04-AFTRER'45
05-しとやか
06-長い一日
07-ヤニ色の人生

まこんなモンかなあ。嗚呼、お客さん入らないかなあ。 まったり飲んで揃って後にする。思い出の店YAMAHAの前でいきなりぜんいちがギターを弾き始めた。私も続きセッションとなったのだ。ぜんいちはハープもウマい。何なんだコノ人は。 けっこう響く
2005/05/19木
持ち曲調査 終わりを知らないぐらいに寝る感じだが幾分持ち直し作業場にも入った。前後するが昨夜は寝だめの所為か夜更かしという悪循環だったがその機会にというコトで今まで作った曲をファイルにマトめたりしてみた。最近のも合わせて150ちょいか。200あると公表してたのでコノ場を借りて謝罪しマス。きっとライブが200ぐらいなのかなあ。まあそれもゆくゆく調べよう。ちなみに150のナカ、CDやライブで発表してないのはワズかなんでマニアな人は思い出してみてくらさいヨ。

出会い
一番高いやつをおくれよ
コンビニの姉ちゃん
あの娘は見かけよりも怖い人
合コンのテーマ
菅野に捧げるバラード
のんびり屋のケン太くん
怒涛の日々
まじめになるのさ
こんなクリスマス
正月のうた
たばこを買いにいこう
あきらめるな
ロック第三世代
OH!BABY
たまにはいいでしょ
エロリアンズのテーマ
むずかしい事は考えない
記念写真
信号無視
無念
一人で喫茶店
こっちはキツイぜ
僕とビール
今年のクリスマス
今年の正月
あんたケムたいよ
開かずの扉
時間がない
伊達に軽くない
君は半熟
不可欠な君
戦友に乾杯
定食屋
僕の大事な物
フォークサバイバーのテーマ
僕の車にのりなよ
のんびり屋のはやと君
しらいは見かけよりも若い人
顔も見ない君
ち・や・ほ・や・さ・れ・た・い
かおりたつ時
20番
Mr.テレフォンマン
シャウターズのテーマ
僕はひとりぼっち
あの娘のハートにダンクシュート
いらない物はすてよう
動けない
逆の人
快楽の会のテーマ
オブラディオブラダ
帰れない
不覚
とめて
卒業
オレはカビカビマン
うそつき王子
エビピラフ
ギャフン
音速野郎
僕でいいですか
やる気なし
アルバイトブルース
僕は病気
チャンピオンのテーマ
日記
君のこと
さすらいのシャウトマン
こ・ま・ら・せ・な・い・で
暗闇の中で乾杯
プルプル天国
ちゃら
軍団ブギ
とりあえずこの場所からさようなら
花なんかいらない
いっちょうらでいこう
何が何でも
すべてのパワーを僕にくれ
アイスミルクティー
いそがしい毎日
さようなら
365
こんなはずじゃなかった
夜にドライブ
イメージで!
こんにちは
移動する僕
さよならケンちゃん
今日もまた
ライスシャワー
アパート
時計
太陽がまたのぼる
山の上
大事パート2
酒飲みドライブ
スピードドライブ
クラブでドライブ
まほろばの君
暗闇でダンス
最終レース
僕には君がちょうどいい
バイバイ
ハッピーエンド
PURPLE HAZEパフィー
山の上2
サタデーナイト
さらば勝負師
トップガン
原チャリにのって
夢のはじまり
私の夢
君のことは忘れた
めずらしく旅
砂の女王
アリソン
ジャンプ
宇宙へいこう
ヤングシャウト
部屋においでよ
ずっと部屋の中
遅咲きの花
沈黙の日曜日
サンキュー
ここにずっといる
長い一日
...スペシャルじゃないよ
ステイゴールド
ワンデイ
お願い!ミスター
ジ・エンド
春なんかダイキライでゲス
えせブギ
ハイスクールララバイ
今日でお別れ
...の世界
裏街道ブルース
プレイボール
ソロシンガー
しとやか
僕はいいデスか?
お世話になりやした
ミラクル・ボスのテーマ
タクシー・ゴー
さらば青春
ターボ
ジャンクなライフ
ロックンロールの神様
ツキささる現実
TANKO.TV
ハニーベイヴ
夜の花
ヤニ色の人生


またヤリたい曲もいくつか思い出したワ。
2005/05/18水
完全休養 てか朝起きたら完全に風邪だった。ずるずるな鼻水は黄色でタバコやめたのにノドが痛い。作業場はアキらめ久々に行列のデキる耳鼻科にイク。したらシーズンオフでお客は皆無。でも 爆数の看護婦と超迅速な診察は同じ ※スローやけど常に動く看護婦達 だった。薬飲んで再度寝る。というコトで本日予定してたYASUとの路上マスリーナとの練習中村マスターと新しいライブハウス訪問-演奏は全てキャンセルとなってしまった。どう考えてもツメこみ過ぎだな最近。明後日のBEATLESマデになんとか体調を戻したいデス。
2005/05/17火
風邪かも 朝起きたトキから怪しげだったノドと鼻も時間を追うゴトにカタチとなって現れていった。まあこういう時に限って繁忙期。てか最近マジ調子イイ。 何もしてないのにどんどん注文がくる ※中国の影響か ホントは東京とか営業でマワってそのドサクサでライブもマワるという計画だったんだがイツになるのやら。というコトでしっかり作業場に入って夕食後親戚スラッシャーを迎える。マスリーナの曲もママならない状況で彼のサイトの作りこみだ。こんなステキなページとかなんで苦にならないけどココんトコロの多忙ブリからそろそろお役ゴメンという感じかな。彼にスキャナを買ってもらいココロユクマデ作りコメるようになってもらいたひ。嗚呼鼻ずるずるになってキタ。
2005/05/16月
ピアノ教室 またしても驚愕の事実。以前はぜんいち君を教えたコトのあるK先生だが、最近 中村マスターにギターを習いにいってル ※私が紹介したワケではない コトが発覚し超絶ウケた。ホントせま過ぎるゼうどんの国。で、先週にYAMAHAに出演するマスターを見にいったけど時間を間違ってYASUを見てきたというこれまたローカルぶりだ。私のライブも来てくらさいよ。ていうか、例えば 私がマスターにPCでも教えると妙なトライアングルになりマスな ※ありえなくもない すっかり忘れ気味だけどピアノも練習しようと思い出した月曜日でした。
2005/05/15日
思い出のYAMAHA高松店での演奏 高校生の頃通いツメた店での感慨深い初インストアライブだ。ヘベーメタルばっか聴いてた私は100%この店で買っていたのだ。きっかけは音楽の師匠であるM上君で彼と二人高校の帰りによって店員のお姉さんと話しこむというのが日常だった。
見渡したトコロそのお姉さんはいなくて残念だがココロを今にキリカエまず1部はスタンディング
01-ソロシンガー
02-原チャリにのって
03-僕でいいですか
04-あの娘のハートにダンクシュート
05-君のことは忘れた
06-砂の女王
食いつきが悪く子供がキョトンと見るぐらい。演奏してる横でCDとか物色されるのも妙な気分だ、ムズいねインストア。向いの店、ていうか休憩所で見にきてクレてたぜんいちやマスリーナと対策を練り2部は座り
01-一番高いやつをおくれよ
02-ハニーベイヴ
03-のんびり屋のケン太くん
04-あなたがひとつ
05-ツキささる現実
06-長い一日
07-ヤニ色の人生
店外にもスピーカーから演奏のモヨウは流れてて店員の姉ちゃんが通行客に対しカカンに呼び込みもしてクレてて座るコトによって入店しないとワイの姿を確認デキないという要因からか明らかに1部より食いつきが向上する。かつ やっと楽しいなあと思えるようになる ※最初は苦痛だった もうちょっとヤリたかったなてな感じで後にしてラフハウスでリハを見学し婆ちゃんの料亭しって初七日の次の行事に参加し迷いつつやっぱラフハウスしてライブ見て泥酔してオーナーにオーディション代わりに次の22日はワイの枠を用意なさいマスた。もし不合格なら 半年間ノーギャラPA ※期間が生々しい という条件で。マスリーナのマンションまでタクシーでソコから歩いて帰りマスた。あぁ苦しい気持ち悪い。 店用意のアトホームなの
2005/05/14土
【1991年春】 YAMAHA Voスクール 先日のRAGのライブ日にひぐっちもにから思いもよらぬ話を聞かされた。「◆たんこ◆ちゃん、ヤマハのVoスクルのN先生知ってる?」
コノ時点で私が極力封印してるアノ頃を思い出した。

大学入学するモノのスグにイカなくなって休学するコト1年半、覚悟を決めて復学し生活がまたガラっと変るナカ、そのドサクサで木屋町御池にあったYAMAHAのVoスクールに通うコトを決意。いっぱしのロッカーきどりだった私はR&Rは学校で習うモノなんかぢゃないと色々なスクール出身者に対し嫌悪感を感じてたダケに以降もかなり内緒にするコトとなる。ソコまでして、順番待ちマデ了承して四条十字屋に申し込んだのは 出会い ※切実 を求めてという若気のイタりだ。だがしかーし(SION風)、入会してみると生徒はホボ全員怪しいヤツで、不気味にも私以外に男が二人もいてしかも京大生と滋賀医大生という劣等感を感じさせる状況にブルーになったモノだ。でも N先生はキュートだった ※鈴木あみみたいな感じかな だから何というワケでもなくこの際キチンと発声とか教えてもらおうと思って通う。しかしキュートなN先生は柔軟や発声のタメのダンスとかしか教えてクレず、教室もイマイチ盛り上がらないので肝心の声出しの時には皆恥ずかしがって出ないという問題外の内容。まあ要するに 先生としては明らかにイマイチ ※表情的にもヤル気なさそうだった 開始の時点で私が一番音域が広いと言われた優越感からこの私にこの内容は必要ないのでは?としだいに休みがちになりフェードアウトしていくワケだが発表会ダケは鮮明にオボえてる。皆持参のカラオケTAPEをバックに歌ってくトコロ私はZO3ギターを持ち込んで THE真心ブラザーズ「同級生」を弾語熱唱 ※自分の曲もあったハズだがなあ したなあ。歌がウマくなるコトよりもどうしたらN先生をモノにデキるのかを日々考えていた京大生のその後が見れないのが残念ではあったが、私には、その頃始めたショットバーのバイトやバンド結成のタメの奔走の方が重要だった。そんな中、N先生はヨク磔磔でライブをしてたらしく 私の部屋にDMを毎回送りつけ ※立派な情報ロウエイぢゃないのか(直接は教えてないし) て都度タクミに誘い言葉を変化させるリアルロッカーだった。その文面とかは後のシャウターズでも参考になったモノだ。何故1度も磔磔にイカなかったんだろうと後に後悔した。自分がライブハウスでハバたけるようになった頃に呼びたくても連絡手段はなかった。短い間とはいえ師匠だった人に見せたかった。

てな感じであれから14年懐かしい名前を意外な別の友人から聞け、やっぱひぐっちもにって人脈広いよなあ、また次の機会に再会のセッティングでもしてもらおうと思いながら次の言葉を待ったら

ひぐっちもに「亡くなったらしいなあ。。」

酔いが一時的にサメ世界が凍りツク。癌だったらしい。てか ワイと同い年やったらしい ※お姉さんにしかみえなかった てか生徒もホボ全員同い年 当時の授業の一環の交換日記でも読み返すか。ご冥福をお祈りいたします。
2005/05/13金
路上 お父ンが昼の囲碁から帰ってキテ再度作業場入りの3交代制になるぐらいの繁忙期の中、16:00で切り上げサンポートに。15:00から演奏を始めてたと言うYASUは私に続き江中さんにもギターをゆずっていた。前者からPC、後者から4万ペソをそれぞれゲトしちゃくちゃくと環境を整えるツワモノだ。肝心(?)の音楽活動は今回ゲトしたコンデンサマイクを核とするRECと本日のよな路上演奏に専念とのコト。ライブハウスよりも路上の方が長い彼は何の躊躇もなく曲を重ねてイク。 慣れてルなあ ※生き生きしてル ライブハウスではカタいもんなあ(笑)。合間に私も数曲ヤラせてもらうがナカナカ慣れないねえ。ちなみに常に見てくれる人がいるワケでもなく、ていうか人通りがそんなにはないのでマッタリと時間をカケてという感じなのだ。駅前というコトでスーパーとかあって頻繁にYASUが飲食糧調達してキテた。鶏丼200ペソお茶ペトボトル88ペソとかの激YASUでこりゃ便利。でも私はこれまた利点である拉麺築港へ。今回は六角家。東京時代カップラーメンでかなりお世話になったけど横浜ラー博へいった時にはマズく感じたけどいつのまにか非常にウマくというか許せる感じになってた。うどんの国で家系というのも新鮮だ。次いった時は薄め油抜きにしよう。
現場に戻るとぜんいちも加わってて強烈なハープを展開してた。何でもデキるなコイツは。早く秋葉さんにCD送ってビックリさせねば。ていうか彼は今日BEATLESなんでソソクサと後にしマタ私が演奏する。「怒涛の日々」なんかをスローテンポでやってたら食いツイてる青年がいてシメシメと思ってたら イチゴスターのDrもりおかクンだった ※もはや身内 セマいなあうどんの国。なんだかんだ21:00ぐらいまでいた私。YASUはその前後やから7hとか!?次回こそMY機材を持参しよう。
2005/05/12木
カホン購入 いやあ今回のサウンドハウスは早かったな。昼に作業場イコうとしたらもうセンター到着の電話鳴ってたもんな。でも家の電話ぢゃなく携帯にカケて欲しいよな。 お母ンがうるさいんで ※経費に対するチェック 前回のRAGで琴の姫の左で叩くお姉さんのカホンに感動したのでYASUの注文に便乗し導入したとデス。確か打上で誰が買うのか奪い合いになったと記憶してルのでスデに二代目が買ってたらどうしよう。まあコレで少なくとも京都にいったトキは私のインチキアコステックにリアルなビートが入ってイイ感じだろう。しかしせっかくならうどんの国でもインクルードしたいなあ。嗚呼 ワイのタメに叩いてクレるお姉さんはいないのかねえ ※うどんの国で 別にお姉さんぢゃなくてもイイのか。というコトで搬入してたらお母ンのそれは何なのかというするどいチェックに対し 「椅子デス」 ※何のタメに必要なのか と切り抜ける私であった。思ったより安かったというのも導入の要因だが見るとチャッチーだ。でもちゃんとボンて音が鳴る。コロンブスの卵だな。マスリーナのライブで初めて使いそうやね。いや、それマデに 来客用の椅子及び部屋セッション用として ※こりゃ楽しそう 活躍しそうだな。明日の路上にも持ってくかな。夜に久々の親戚スラッシャー来訪。100件ぐらいタマってた彼からのメールをモトにコーナーに当てはめていく。それらを全て携帯メールで送った実績に乾杯。小説1冊分ぐらいあったよなあ。
コレでミュージシャンとしてマタ忙しくなったらどうしよう
2005/05/11水
昼YASU夜MASU YASUがコンデンサマイクを買うと言うので絶叫オフィスにマネいてサウンドハウスに注文する。深くは考えずRODE NT1-A 17,800ペソをススめ決定。そして送料等を折半てな感じで 私も余計なモノを注文 ※まあ小物だが し楽しみだ。姉やんのYAMAHAアコギの弦を超高速ではってクレたYASUにTAKAMINEの弦高を再度上げる方法はあるのか尋ねたらブリッジの下に弦をカットしたモノを敷く、太さによって高さを調節デキるという革命的方法を教えてクレたので彼が帰った後に試したら ハズみでブリッジが真っ二つ ※弦を完全にハズさない横着の所為 となって鬱デス。そのパーツだけ買えるのかね?確かきんこう楽器で買ったんだよなあ。

夜はマスヤマさん宅へ練習に。やたら細かいトコロを指示してクレやる気を感じマスた。まあ、もっと気楽にやりましょうよ(笑)。

そろそろ次のライブの選曲でも。YAMAHAは30分の2ステージなんで何気にたくさん曲がデキるんだよなあ。
最初から読む
2005/05/10火
RAG復活ライブツアー5日目 二日酔いの帰路 5時間睡眠ながらしっかり寝れたかな。ただし検問でもあれば確実に飲酒運転で30万ペソ状態で大阪へ向う。1号線をひたすらいき阪神高速にのるコースだ。車中で昨夜の演奏を聴く まったりしてるなあ ※テンポが2つぐらい遅い全て 事前ビールの数を減らすべきだった。いや飲まないでヤルべきだった。またリベンヂしに来るので皆サマーお元気で。
本町インターで降りて仕入れ組みと合流しうどんの国へ帰る。疲れた楽しかった。明日からも予定ギッチリだ。
姉やんの部屋にコロがってたYAMAHAの安物ギター しかし音はイイので無断持ち帰り
2005/05/9月
RAG復活ライブツアー4日目 久々のRAG演奏 マズは腹ごしらえ。新福と迷ったがラーメン藤本店へ。特製を爆食したが第一旭ホド量は多くなくあっさり気味チャーシューは大栄の方がウマいかな。でもスープのウマさは尋常ぢゃない。さてRAGへイキますか。5時過ぎでイイと言われたけど3時半とかに到着してしまい待ち時間長くてついビールを買ってキテしまった。6時の開店から皆続々入店してクレ談笑しながら店内ビールを買う。昔は出演者一人につき一枚のドリンク券が至急されたがココ数年で出演者は終日一杯300ペソという制度に変った。 だから本番マデに3本も飲んでしまった ※反省 舌も滑らかにイクしものスゴく落ち着いてヤレタ感じだ。私以外もかなりお客さんを呼んでて、50人程度のお客は皆私を見てクレている。が、反応はビミョーだ。いや うどんの国のフレンドリーな雰囲気に慣れてキタだけなのか ※ただし喋りは受けやすい ラス2の「夜の花」をカットするコトを決意。事前に「20番」「山の上」もけずってたので全部やったらどんな時間になるんだろうと思うぐらい長いショーをしてしまった。
生れて初めて作った
01-一番高いやつをおくれよ
最近作った
02-ハニーベイヴ
シャウターズ絶頂期
03-のんびり屋のケン太くん
東京シャウターズ
04-ヤングシャウト
宅録開始
05-遅咲きの花
プログレス・バー
06-あなたがひとつ
渋谷アピア
07-ソロシンガー
ミラクル・ボス
08-お世話になりやした
うどんの国へ戻る
09-ツキささる現実
禁煙
10-ヤニ色の人生(新曲)
まあソレはある程度予想してたし今回は私の音楽歴を振り返る日なんでカンベンしてくらさい。自慢のアンケートの評判も良かったそして肝心の内容は

・痩せた
・若返った
・ギターうまくなった安定してた
・歌うまくなった
・しゃべり最強
・今までで一番良かった(店長まっつ)←絶対ホメない人 ライブ自体見飽きてる人


とイタツク三昧。気を良くして次の真依子さんのステージを見ながら一杯。
※琴とカホンとウッドベースとアコギというステキな組み合わせのバンド 曲は普通なのだがとにかく音がすんばらしい
※真依子さんはなっちに似ている美女 楽屋でもオーラを放ってた

トリの京大のプログレバンド見ながら一杯。
※ライブ慣れはしてないみたいだけどやってる音楽自体は大変おもしろい

てかこんなに客呼ぶバンドばっか相手でなくても良かったのに(笑)。
打上でも当然一杯。シゲちゃんがスデに禁煙を成功させてると聞いて感動。二代目にカホン導入を促しまた一杯。皆後にした感じの時点で歩いてslowhandへいき秋葉さんと打上2次会。てか こういうの久しぶりだなあ ※当時は毎月だった そろそろ体のコトも気遣う必要が出るぐらいお互い年齢を重ねたがそんな長い間やってても20人動員デキる私を珍しくホメてクレる。ヤリ続け新たな挑戦をする私をホメてクレる。関係ないかもしれないがやたらアコギの音をホメてクレる。アレレ年とったのかなあ秋葉さん 私は動員も演奏も満足ちゃいマスよ ※来てクレた人には多大なる感謝デス でもサリゲなくちょっと時間長かったなとツッコミ。やっぱ師匠だ。そしてギャラというコトでslowhandのカウンタで3,000ペソくれたslowhandの封筒で(笑)。30人に満たない場合はノーバックで加えてPA代3,000払わないとイケないハズだがツアー扱いというコトでマケてくれた。その封筒の中身でおごろうと思ったけど逆におごってクレたかも。てか オボえてない ※後ろの席に快人がイタような気もする slowhandを後にしてマタ歩いて木屋町に戻りひぐっちもにがバイトしてるバーへ。まあコノあたりからやっぱ記憶がオボロゲーだ。時間もどんどん明け方が近づいてル。で、次の朝までやってる居酒屋でやたらニガいゴーヤの天ぷらを食べ何かしらの酒を飲んでおひらきになった時には余裕で電車が走ってたのでラッキー。12時間ぐらい飲んだけど今日も0本。そろそろ本数表示ヤメまーす。
マタ来ますから  →翌日
2005/05/8日
RAG復活ライブツアー3日目 本番前日 昨日買った1,680ペソもするマーチンの弦をはってみた。値段分の価値はあると見た。

京都競馬場マデ歩いていき、直後にトブこととなるスイープトウショウのパドックを見つつメインのNHKマイルカップのみ購入し後にする。マイネルハーティーからイキかすりもしないレースだったなあ。

そうそう、ナシノツブテに宣伝ボイスメールを送ってそれが採用された放送がアプされてた。Vol21の冒頭の方デス確認してみてくらさい。5/5の更新の予定が大幅にズレ込みワイにしたらライブ前日なんでドレほど効果があるのかな。

明日は久々のRAG。今回どのような経緯で決まったのかと思い出す。うどんの国に帰ってシーンから遠ざかり釣りばっかしてる状況でミュージシャンとして死なないタメにRAGにコンタクトを取って入れてもらう。5/9という日をもらい、その日を皮切りに定期的に京都でライブをして生き延びようという魂胆だった。そしてその日にじわじわ近づいてル間に予期しなかったうどんの国での活動が猛スピードで始まりソレは良しというコトで全てをRAGの予行演習として公演を重ねていった。具体的に言うとRAGでやる曲を複数回にワケて練習演奏してたみたいな。おかげでどの曲も1〜2回はライブ演奏デキたし、本番がしょっちゅうあるというコトで記憶にないぐらい部屋でアコギをさわる毎日でもあった。弾き語りでそんな準備したコトなんて全くもってなかったし もはやコノ時点で明日は成功 ※当日どんなに調子悪くても と言っていいであろう。でも正直言うと明日なんてどーでも良くて、単なるツアーのライブとかと思ってて、どっちかと言えば日々レギュラーでやってる高松BEATLESのステージの方が全然重要だったりする今の私なワケで、とにかくこの1ヶ月で色々考え、行動するコトができ明日は復活シリーズの終わりという感じなのデス。まあ 気軽に来てくらさいヨ皆さん ※まあまあオモしろいと思うので 指弾きが課題なんデス(笑)。今日も0本
準備万端!?  →翌日
2005/05/7土
RAG復活ライブツアー2日目 歴史的0本 ゆっくり起きてこれまたJUNちゃんに教えてもらった大栄というラーメン屋へ。みそラーメンがおすすめというコトだったがコーンとか炒めた野菜とか余計なモノが入ってなく清くウマかったし普通の醤油も王道京都ラーメンで充分ウマかった。それと、店が清潔でした。次来る時はどっちにするか迷うね。十字屋でハープや弦とか買ったり高田渡追悼の意をこめてイノダコーヒー本店にいったり ソコからよしや楽器マデ歩いてみたり ※まあまあの距離で十分なウオーキング してノスタルジックな時間を過ごした後、北山・勝っちゃんへ。ちょうど開店時間だった。部屋には都度イクが何気にお店は久しぶりのよな気もするんで色々頂く。これまたJUNちゃんオススメで幻の白レバー、二代目からかなり前に聞いていたタレ不要餃子、超定番ゴボ唐とか堪能したけどササミめんたいが最高やで。ちなみに酒の方は日本酒を避け酎ハイとかにしたので終わるコトはなく健康的に後にデキた。
京都実家ではお父さんと明日のマイルカップの予想に火花をチラせるがイマイチわからん。追い込み中の新曲作りもあるんで控えめな競馬場入りとなるだろう。ていうか 今日はタバコ0本のママ眠れそうだ ※革命なのか 15年ぶりぐらいぢゃないのか。ピースピース。
このママ勝利するのか  →翌日
2005/05/6金
RAG復活ライブツアー1日目 新アンケート用紙ゲト またというか寝坊したので昼過ぎに出発するコトにする。高速に乗る前にPC屋でFMトランスミッターを購入。今回使用するお母ンの車デミオにはCDもMDもついてないので必須と判断した。さっそくMP3プレーヤーと接続しFM放送として受信してみるがあまり音が良くない。しかしそれは デミオの音響が悪いからかもしれない ※ほとんど聴いたコトないから判別不能 し保留だ。というコトで今までのうどんの国での弾き語りを次々と聴きながら高速入り。心配された渋滞も昨日マデと判明しすいすいと京都まで。そして南インターからまっすぐ印刷会社を目指す。今まで会社のカタログなんかをお願いしてた安くて信頼のオケる会社だ。ちなみに今回の案件は ワイのアンケート用紙片面フルカラー1,000枚 ※当然領収証は会社ヅケ でアール。配らなくなって久しいが、アンケートというモノは用意するのがナカナカめんどくさい。日付や会場名を入れるとその日のライブにしか使えず必ず余ってライブハウスがメモ紙として強奪するんでソコのトコロは空欄にして書き込めるような感じにするまで 5年ぐらいカカった ※早く気づけヨ その後も試行錯誤を繰り返し紙代をケチるためにA4を四分割したりするもいちいちカットせなアカンのでライブが来るゴトにウツだった。そんな中、業者印刷の予想外の低価格を目の当たりにして
※ フルカラーでも1枚10円ちょい
迷わず発注。コンビニのモノクロコピーぺらぺら用紙と変わらない値段で、ワリと厚いイイ紙に切り取り線ツケて情報は持ち帰りという感じにしてみた。
長文だが今は京都である。 現物を見て予想通り感動。月曜のライブで一番自信があるのがこのアンケートだ
そのノリで第一旭へ。JUNちゃんに教えてもらったつまみ焼き豚をビールとトモに爆食。もやしパキパキ最高だった。シメに普通サイズのメンマラーメンお腹一杯。これで第一旭道をマタ一歩だ。高速道路以降吸ってない6本
間違えて持って帰らないよーに ※提出するものデス  →翌日
2005/05/5木
骨休み 寝た寝た寝た。起きて食堂に降りると埼玉のおっちゃんが来ていた。母方であるのにも関わらずワザワザ来てクレてたのだ。彼の奥さん側の親族でフィリピンに移住してる人がいて遊びに入ったらしく写真を色々見せてもらった。まるで宮殿のような家だった。今度一緒に行こうと誘ってクレたので楽しみ。K-1MAXの録画なんかを見てまだ明るいウチにウオーキング。昨夜の録音を聴きながらだ。セッションを録ったMP3プレーヤーは完全なオーバーレベルで残念だった。歪みで全部グランジだった。まあ説明書を熟読してないのでシカタないというトコロか。MDの方の本編を聴いたけど思ったより悪くなかったただし疲れてたな仕方なひ。ところで、MP3プレーヤーだが、デジモノ青田買い人生の私にとって珍しく遅れをとってた機器で、iPODが発売された時から欲しくて仕方なくシャッフル発売でひょいと買っちゃおうといちはやくiTUNESはインスコしたりしたけど起動の遅さでWINAMPに戻るとトモに釣りのトキしか欲しさを思い出さない状況だった。そんな中FM815に出演したトキにその番組を毎週録音してチェックしたいなあとプロデューサーの兄ちゃんに言うと携帯プレーヤーでFM受信録音デキると教えてクレ調査を開始した。で、どんどん欲が膨らみ

・内蔵バテリーで長時間駆動
・ライブ生録に強い
・外部ステレオマイク接続可
・気軽に持ち運ぶタメにHDぢゃなくメモリタイプ


という条件を見事にクリアしたiRIVERのiFP-995に決定したのだ。 4月末にSONY効果からか数千ペソのメーカー値下げがされたコトも拍車をカケた。ちなみに、意味もなくカラー液晶だったりする個性派で多機能から操作が複雑だが徐々にマスターしてイキたひ。ラインインもあるので昔録りダメしたオールナイト日本とかも作業場でダビングだ。14本。明日からまた京都ダス。
ライブにウオーキングに
2005/05/4水
葬式〜高松BEATLES 9時間寝たけど疲れが取れない昼出発。1時から葬式だった。料亭自体それなりの広さがあるんで少々の人数なら収容デキるのだがやっぱ駐車場の問題もあるし業者のトコロでヤル時代なんデスね。我が家からはお母ン側の親戚とか近所の人とかかなり呼んでた。親族としてお礼を言いたい。30分ぐらいで終了し焼き場へ移動。地図も配らない葬儀屋の怠慢のおかげで前の車を見失いアセるが別の車線を爆走したら霊柩車を追い越してしまい割り込む。したら後ろの車が信号無視でポリカーにつかっまっていた。目的が同じらしく事情を説明したら許してクレたみたいだ。到着し棺桶を焼きルームに入れる儀式を見届けた後、こっそり抜け出し電気屋とかいく不謹慎な私。戻ると祖母は骨になっていた。あっちにいったコトの実感だった。会場に再び戻り初七日。普通は七日後にするもんらしいが最近は同じ日にやってしまうのだとか。坊さんの説教がロックだった。それからまたしても会食タイムだったがささっと食べて後にしBEATLES にイク前にMP3プレーヤーを購入 ※明日詳細を 今日は笹岡聡というBEATLESの大将的やった人が対バンだ。彼は上京したばっかの凱旋ライブというコト。拓郎系のフォークシンガーで完成度が高いし若いのにシブい声でやりようによってはどうとでもなりそうな可能性を感じた。次が礼服姿の私で指弾きとかヘロヘロで課題を残した。
01-一番高いやつをおくれよ
02-ハニーベイヴ
03-のんびり屋のケン太くん
04-お世話になりやした
05-ツキささる現実
06-夜の花
07-ヤングシャウト
まあ、練習が足らないな。いや、根本的な何かが足らんな。最後のワキイチさんは良かった彼に負けたなと思った。ちなみに今日は初めてのバトルデーというお客の投票で1番やった人がアンコール演奏するというシステムの日。残念ながら私は選ばれず笹岡君の演奏を客席で見るハメになってしまった。来月もバトルデーに入れてもらったし次はがんばろう。笹岡君に東京で知ってるコトは全て話す感じの打上。まったり気味で潮時を見逃しつつ会計を済ませたら塾長がカウンターに座ってる客とセッションをしろと言うのでダルいなあと思いつつやったら結構おもしろかった。即興で歌うのトカ苦手やけど客席にいる人らを極力ステージにアゲる作戦で塾長も呼んだりしたら客席よりステージの方が多くなってしまってた。ワリと冷静に 笹岡君ハープうまいなあ ※イチゴスターのDrも対応デキてた とトモにぜんいちがいてピアノで入ってクレたらもっとおもしろかっただろうなあと思った。 こんな感じやけどちゃんとBEATLESの看板背負ってRAGで燃えてきマスんで。
いつのまにか打上にいた青年がなんと同じ町内というコトで帰りに送っていった。よろしくねこれから。笹岡君からもらったフィルタレスな1本加え13本。今日はやっとゆっくり寝れそうだ。

笹岡聡
2005/05/3火
通夜〜ラフハウスPA 昨夜寝たのは4時過ぎというトコロか。しかし朝には起きて婆ちゃんの眠る料亭へ。本日は18:00から通夜で16:00に家を出発するのだがいち早くカケつける。連絡取れないレベルの親戚なんかもカケつけGW中に逝ってクレた婆ちゃんの偉大さを確認する。しかし特にヤルことはなく次第にフラフラになっていく。そして唯一の役目である 棺を部屋から出して業者に手渡しする ※ほぼ木の重さのみ 大役を終了し私のみ一時帰宅。そしてラフハウスまで1直線で17:00に間に合った。生れて初めてのPAだがこういう状況なんで本番は無理と言うと ロコツにイヤな顔をされる ※潔いかも ネギらってクレたサークル員達と対照的でオモろかった。マ、とにかくセッティングだ。配線の大半は店長がやってクレてて助かった。しかしいつもの自分、要するに出演者の細かい要望がウザい(笑)。基本、デカく出したいヤリ手とハウらせたくないPAの戦いなのかな。とにかく、出して複数でマワって、聞こえないのでモニターで返して サラにマワる ※アリガチ 悪循環だ。PAはある程度強くデルべきなのかな。東京からキタ人がなかなかかっちょ良く本番が見れないのが残念だがこっそり後にした時には予定を大幅にこえていた。急いで会場に向ったら通夜は終わっていた。ただし直後のエンドレスな会食も重要なんで良しなんだ。延々続いた後、明日の葬式に備え日付が変る前に解散。嗚呼、明日のライブの仕込してないぜよ。18本
2005/05/2月
仏生山の婆ちゃん永眠 作業場から帰ってクルとお母ンと兄がいない。しばらくして父方の祖母危篤の情報を得て病院まで急ぎカケつける。ゴルフをハーフで切り上げた父も続く。しばらくぶりの親戚連中の向こうに苦しそうに息をする祖母を見た。ただし口を大きく開け懸命に生きようとする執念めいた感じとピーク時より持ち直したという憶測から1時間ホドで各々後にした。我が家はバーミヤンで暗い夕食。そして私はYASUの待つ高松駅前路上へ歩いて向った。

実は6年ほど前にも危篤となり当時G社史上最も忙しい時代でアルバム制作を中断し1日17時間ぐらい働いていて、「モシモの時には帰省する」と言うとK親分がロコツにイヤな顔をしたもんだが執念で盛り返し老人ホームに入れるまでなったロッカーだ。
若くして主人を戦争で亡くし6人の子供を育てながら自分が中心となって料亭を切り盛りした一族のドン。二つとなりの仏生山町のその店はものスゴく繁盛してたらしい。相撲巡業を呼んだりもしてたらしく力道山も泊まったコトがあるとか。後、毎日のように芸者を呼んでドンチャン騒ぎ。まるで祇園だ。そんな雰囲気の中で私の父は育った。三味線の音をバックに勉強をしていたらしい。見てみたかった。仏生山という町自体当時は大都会だったのだ。
その栄光の時代を牽引してきた婆ちゃんにはそのオーラから怖くて近寄れなかった。何も考えない兄貴は気軽に小遣いをセビりにイキうらやましかった。キビシくかっこいい人だった。

私なりの思い出をマトめながら妙ちゃんの演奏を見てたら再度危篤TEL。急いでトンボ帰りだ。

93年と11ヶ月


スンデのトコロで誕生日をムカえられなかったが子孫に生命力を示した大往生だったアリガトウ。私の最近の好調ブリは彼女が最後にクレたものだろうきっと。ご冥福をお祈りいたします。

とココまではしんみりした心情だが、夜になってその料亭に続々関係者が到着。応対やら葬儀屋との交渉(私はやってないが)、婆ちゃんの横で鐘鳴らしやらがエンドレスで続いた。明日が通夜で明後日が葬式だ。ラフハウスPAとBEATLESライブの日でもある。16本
2005/05/1日
最高!!今年の春天 直線ズルズル後退するヒシミラクルを見て どうせなら変なのコイ!! ※もがけ暫定有力馬よ と念じてたらお釣りが来るぐらいのマイナーな馬の名前ばかりを馬場アナが連呼。結局あってはならない 大阪ハンブルクC組 ※OP特別 という歴史的結末を味わえた。惜しいのは、4着の馬がハナが伸びて3着に食い込めば完全な伝説になっていたコトであろう。ちなみに勝馬は決してフロックではなく3歳時からがんばっていたしまだ4歳。古豪の軒並み終焉感も手伝い、これからもっと力をツケて上位に入ってくる可能性は十分ある。ただし善戦止まり程度の力量なんで今回の金星は大きかったハズだ。まあそれより道中はおろか年明けから死んだフリの安勝ダネやっぱ。おそらく残り少ないであろう騎手生活においてマタ一つ勲章をしっかりと手に入れたワケだ。
着順 馬番
馬名 負担
重量
騎手 タイム 着差 馬体重 調教師 単勝
人気
1 5 10  
スズカマンボ 4 58.0kg 安藤勝己 3:16.5   484Kg +2 橋田満 13
2 8 17  
ビッグゴールド 7 58.0kg 和田竜二 3:16.7 1 1/2馬身 466Kg +2 中尾正 14
3 7 13
アイポッパー 5 58.0kg 藤田伸二 3:16.7 ハナ 446Kg -8 清水出美 4
4 2 4  
トウショウナイト 4 58.0kg 武士沢友治 3:16.7 ハナ 478Kg -4 保田一隆 10
5 8 16
ハーツクライ 4 58.0kg 横山典弘 3:17.1 2 1/2馬身 492Kg +2 橋口弘次郎 8
6 3 6
リンカーン 5 58.0kg 福永祐一 3:17.1 ハナ 478Kg 0 音無秀孝 1
7 6 12
マカイビーディーヴ 6 56.0kg G.ボス 3:17.1 クビ 476Kg -4 L.フリードマン 2
8 7 15
マイソールサウンド 6 58.0kg 本田優 3:17.2 クビ 478Kg +6 西浦勝一 11
9 3 5  
ユキノサンロイヤル 8 58.0kg 小野次郎 3:17.3 1/2馬身 468Kg 0 増沢末夫 16
10 1 1
ザッツザプレンティ 5 58.0kg 岩田康誠 3:17.3 ハナ 486Kg -2 橋口弘次郎 7
11 2 3
アドマイヤグルーヴ 5 56.0kg 武豊 3:17.7 2 1/2馬身 480Kg -6 橋田満 6
12 6 11  
ハイアーゲーム 4 58.0kg 吉田豊 3:17.7 ハナ 506Kg -12 大久保洋吉 15
13 8 18  
ブリットレーン 6 58.0kg 吉田稔 3:17.7 ハナ 492Kg -4 加賀武見 17
14 7 14
サンライズペガサス 7 58.0kg 幸英明 3:17.7 アタマ 492Kg -4 石坂正 9
15 5 9
チャクラ 5 58.0kg 後藤浩輝 3:17.7 アタマ 476Kg -2 安達昭夫 12
16 4 8
ヒシミラクル 6 58.0kg 角田晃一 3:18.3 3 1/2馬身 468Kg 0 佐山優 3
17 1 2  
アクティブバイオ 8 58.0kg 小牧太 3:18.4 クビ 516Kg +10 崎山博樹 18
18 4 7
シルクフェイマス 6 58.0kg 四位洋文 3:18.8 2 1/2馬身 476Kg 0 鮫島一歩 5
単勝 10 3,510円 13番人気
複勝 10 890円 13番人気
17 1,570円 14番人気
13 270円 2番人気
枠連 5-8 5,150円 28番人気
馬連 10-17 85,020円 119番人気
ワイド 10-17 16,760円 119番人気
10-13 3,310円 45番人気
13-17 5,910円 68番人気
馬単 10-17 169,320円 234番人気
3連複 10-13-17 225,950円 387番人気
3連単 10-17-13 1,939,420円 2653番人気
ヒシミラクルはライスシャワーになれないのかなあ。無理して京都イカなくて良かったヨ。。

夜にギターメンテ完了と聞き元日本GIBSONの林さん宅へ。 違うギターかと思うぐらい弾きやすい ※普通はこんななのか 彼の予想通り低音が落ち音量も下がるがモトモト低音がキツめだったのでバランスは良くなっていた。人によってはもっと低くするらしいが私には十分デス。自宅スタジオ見せてもらったり色々話し込んできマスた。要点をログっておこう。 [やってもらったコト]
・ 3・4・5・6弦側ブリッジを1.5mm削る
・ 1・2弦側ブリッジを2.0mm削る
・ネックトラスロッド修正
・スライドVOLSW接点洗浄 以上で3,000ペソ

[このギターについて]
・サイドがマホガニー→カッティングに適する
・ブリッジが分割というコトもあるし双方しっかりしてるのでオクターブ等かなりビタっと合う 但し2弦はヤヤ甘い
・ブリッジがピン止めぢゃなく横通しなのでGOOD しかも貼るだけぢゃなくネジ止めされていてしっかりしている
・ヨク弾きこまれてる ソリも大丈夫
いいギターだ

[その他]
・楽器屋とかに頼むと業者に横流しにして手数料上乗せかつテキトー
・GIBSONのアコギはオススメできない(爆) ただしOLDではタマにイイのがある 無難なのはMARTIN
他も続々もっていこっと。12本
生まれ変わった長年の相棒